2020年度までの基礎的財政収支の黒字化は困難と財務省が試算

財務省
財務省は1月30日、2014年度一般会計予算案を基に2020年度までの財政見通しを示した「後年度歳出・歳入への影響試算」を発表しました。

それによりますと、同年度の新規国債額に相当する財源不足が最大で47.6兆円となり、政府が同年度に目指す基礎的財政収支の黒字化は困難な見通しであることが分かりました。




試算は2015年10月の消費税率10%への引き上げを織り込みました。

名目成長率が1.5%にとどまり、歳出効率化も進まない仮定では、2020年度の歳出総額は114.4兆円に達し、国債費を除く基礎的財政収支は14.1兆円の赤字になります。

成長率3%で歳出を効率化した前提でも、国債費を除く基礎的財政収支の赤字額は6.6兆円と見積もっています。

政府は、国・地方の基礎的財政収支の赤字の対GDP比に関し、2015年度までに2010年度から半減、2020年度に黒字化する方針です。

昨夏の中期財政計画は目標達成に向け、国の一般会計赤字額を2013年度の23兆円から2015年度に15兆円程度へ圧縮するよう明記しました。

試算では同年度の赤字額は14兆-15.8兆円と目標前後に抑制される見通しです。

2014年度当初予算案の歳出総額は95.9兆円と過去最大規模となりました。

税収は50兆円と前年度当初比で7兆円近い増収を見込んでいますが、新規国債発行額は41.3兆円と前年度に続いて40兆円を超え、公債依存度は43%と依然高い状況です。

基礎的財政収支の赤字幅は18兆円でした。

データ・ドリブンな分析で知られるビスポークによりますと、年初来、世界でいちばんクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)価格が上昇したのが日本です。

クレジット・デフォルト・スワップ


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。