財務省の組織内容

財務省
国債管理政策を担当しているのは財務省の中の理財局という部署です。

では、財務省の他の部署も含めて説明します。




大臣官房

財務省全体を調整する部門。

秘書課長、文書課長などは出世への登竜門といわれる。

官房長 → 主計局長 → 次官 が王道。

主計局

国の予算編成を握り、財務省の中でも最大の権力を握るといわれる。

主計局長は次期次官への出世コース。

主税局

徴税をつかさどるキー部局。

主税局長は国税庁長官へのルートが花道。

理財局

かつては傍流だったが、運用部ショック以降に大量にエリートが送り込まれるようになる。

【国債企画課】

国債制度の企画立案、国債市場のインフラ整備、国債市場調査のほか、公的債務のリスク分析・管理なども行う。

【国債業務課】

国債市場との調整、国債による資金調達、買い入れ消却といった債務調整など、実務を担当する。

関税局

貿易品に関する税金の仕組みなどを企画立案。

国際局

国際会議、為替レートの安定、開発途上国協力などを管轄。

国際畑のトップが財務官であり、黒田東彦・日本銀行総裁も財務官出身。


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。