野菜を食べない家は年収が低い。その背景とは?

野菜
低収入世帯ほど野菜不足であるということが厚労省の国民健康・栄養調査で明らかになりました。




野菜摂取量と年収との関係

一口に野菜といっても根菜か葉もの野菜かで摂取できる栄養素が異なるので、重量だけでは判断できません。

いずれにしろ、生鮮食品を食べている層のほうが、健康に対する意識が高いのは確かです。

カロリーの単価として考えると炭水化物が一番安価で、一方最も高価なのが野菜です。

しかしカロリー単価だけではなく、大切なのは栄養単価で見ること。

たとえば100グラムのホウレンソウが150円とすると、150円で手に入るホウレンソウの栄養価と150円のおにぎり一つで手に入る栄養価だと、100グラムのホウレンソウが圧倒的に優れています。

こういった知識を、頭で理解しているかどうかが重要なのです。

健康に対する知識を持つと、正しい食事で生き生きと生活することができるので、病気にもなりにくくなる。

その結果、生産性も向上し、医療費も削減することができる、自ずから、ビジネスチャンスも増えます。

実際、毎日菓子パンとかおにぎりで済ませていると、思考能力も低下し、少し動いただけでも疲れてしまいます。

私は生活習慣病になるのも、癌(がん)になるのも嫌です。

生活習慣病になることなく、健康で長生きできる体を手に入れるために出した結論が野菜を食べることなんです。

それもビタミンやミネラルなどの微量栄養素に優れた野菜。

さらに大根の葉っぱや人参やリンゴの皮など、栄養素が多く含まれている部分も全て食べること。

ところが「野菜は高いだけではなく手間もかかるので面倒だ」という声をよく耳にします。

しかし、これも正しい知識があれば手間がほとんどかからないということがわかると思います。

たとえば大豆にしても、圧力鍋を使えば簡単に煮えます。

缶詰を買うより安くおいしく仕上がります。

圧力鍋やスチームオーブンなど、温度と時間をセットすれば、そのまま放っておける調理器具を揃えてレンジ台と鍋を使わない調理が理想です。

火加減いらずで自動プログラムを使ったほうが、ほとんどの家庭料理は楽においしく調理することができます。

コンビニに買いに行くよりよほど簡単。

工夫次第で加工食品や外食よりも、はるかに体に良くておいしい食事を摂取することができるのです。

また知識があれば、高いレストランに行かなくても、たとえばファミリーレストランや居酒屋でも栄養コストの高い食事が可能になります。

ファミリーレストランは意外に野菜が多い。

私は野菜料理をたくさんオーダーして、ドレッシングをかけずに自由に使える塩やオリーブオイルで調味するのですが、1000円バイキングでも素材を使って、自分で料理をするんです。

たとえばおかゆ用に置いてあるごま塩をサラダにかけたり、煮物の野菜をサラダに加えたり、考え方次第でいくらでも質の高い食事ができるのです。

ダイエットも同じく、正しい知識を持っているかどうかが大事。

単純にカロリーを減らしたり、体重を減らすだけでは、すぐにリバウンドしてしまいます。

運動もそう。

わざわざジムに行かなくとも、階段を上り下りするだけでもいいのです。

慣れてくると1フロア20秒から30秒で上れるようになります。

これはエレベーターとほぼ同じ時間です。

それに階段を使うということは、災害時に避難経路を確保する大きな意味もあるのです。

特に雑居ビルのレストランなどに行くときは必ず階段を探すようにしています。

食事や運動を意識するようになると5~6キロやせたりできます。

しかし、これも体重だけ量っても健康管理はできません。

体組成を測り、自分の体脂肪率が何%で、筋肉量が何%で、骨量が何%かという組織の変化を把握することが大切です。

よくダイエットといえば、食欲のコントロールが重要だといわれますが、食欲は交感神経と副交感神経に左右されるので、人間はストレスがたまると食べたくなる。

ここで大切なのは食べることを我慢しないということです。

そこで質の高い野菜をたくさん食べるのです。

といっても、いやいや野菜を食べては苦行でしかありません。

そこで野菜がおいしいというのを体感するためにも、正しい調理法を知ることが重要です。

何も無農薬野菜を買わなくても、スーパーの野菜でも十分おいしく食べることができます。

スーパーで籠いっぱい野菜を買っても2000円くらいです。

ところが、籠いっぱい加工商品を買ったら、大変なことになっちゃいますよね。

料理はロジック。

この料理は塩分を何%にするのが最適か、それをしょうゆや味噌に替えると何%になるかということを知識として身につけておけば簡単です。

目安としては直接食べるサラダや汁物は、塩分量0.6%ぐらいにして、焼き物などは0.8%程度。

佃煮やきんぴらみたいに保存したいものは1%ぐらいが適量です。

薄味が0.6、普通味が0.8、濃い味が1.0という塩分比率を覚えておくと便利です。

調味料にはパッケージに塩分が何%と記されています。

しょうゆや味噌を入れるときは、たとえば塩分16%だったら、100%の約6分の1なので、適量塩分の6倍の量を入れればいいだけです。

ところで、時間割引率という考え方があります。

たとえば「今1万円手に入るのと、1年後に1万円手に入るのではどちらが良いか」と尋ねると、多くの人は今の1万円のほうを選びます。

次に、「これがいくらなら今の1万円を我慢できるか」と聞かれたら、女性より男性のほうが金額が高いのです。

個人差はありますが、性差として女性のほうが将来のために今は我慢できる。

つまり一般に、男性は時間割引率が高い。

今を格好よく見せるために、将来は犠牲にしてもいいという価値感です。

統計によると、借金持ちはかなりの確率で太っている人が多い。

「今すぐ買いたい」と「今すぐ食べたい」は、時間割引率が高いという点で同じなのです。

さらに時間割引率が最も高いのは喫煙。

低収入な人ほど、喫煙率が高く宝くじを購入する人が多い。

宝くじというのは、換金率が45%しかない債券のようなものです。

つまり、「タバコを吸いながら宝くじを買ったりギャンブルして、野菜も食べないで、ファストフードを食べているような太った男」は「お金が貯まらない」ということです。

ぜひ正しい健康の知識を身につけて、魅力的なお金持ちになってください。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。