「アンパンマン」作者の「やなせたかし」さんが生前遺された未来へのメッセージ

やなせたかし
「それいけ!アンパンマン」などの漫画や「手のひらを太陽に」の作詞で知られる漫画家のやなせたかしさんが10月13日に心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。94歳でした。




故人の遺志により、葬儀は近親者で済ませられました。後日「偲ぶ会」を開く予定です。

やなせさんは高知県の出身で、東京高等工芸学校(現千葉大工学部)図案科を卒業後、グラフィックデザイナーとして、田辺製薬(現田辺三菱製薬)、三越百貨店(現三越伊勢丹)などに勤務され、三越の包装紙にある「Mitsukoshi」の文字は当時、やなせさんが描かれたものです。

昭和28年に独立し、漫画家デビュー。

ラジオドラマの脚本や詩、童話なども手掛け、多彩な才能を発揮されました。

昭和36年に作詞した「手のひらを太陽に」(いずみたく作曲)はNHKの「みんなの歌」で放送されて反響を呼び、小学校の音楽の教科書にも載りました。

こうした功績が評価されて平成3年には勲四等瑞宝章を受章なさっています。

昭和39年からNHKで放送が始まったクイズ番組「まんが学校」で講師役を務め、上手にマンガを書く方法を毎回解説して人気を集めました。

昭和48年に出版した絵本「あんぱんまん」(当時は平仮名表記)は困った人に自分の顔をちぎって与えるヒーローが高い支持を得て、大ヒットしました。

昭和63年に日本テレビ系列で「それゆけ!アンパンマン」が放送されると、その人気は国内だけでなく、スペインやブラジルなどでも放送されて世界各地の子どもたちに愛されました。

アニメ映画の挿入歌の歌詞も大半を自分で書くだけでなく、作曲も手掛け、歌手デビューし、その後、ミュージカルにも出演されました。

絵本以外にも昭和48年には雑誌「詩とメルヘン」を自らが中心となって創刊。

詩にイラストを添えて載せた形式が評判を呼びました。

「詩とメルヘン」は平成15年の廃刊まで30年間にわたって刊行され、多くのイラストレーターを輩出しました。

平成2年に「アンパンマン」シリーズで日本漫画家協会大賞受賞。

平成3年には春の叙勲で勲四等瑞宝章を受章されています。

晩年も積極的に活動を続け、平成12年から平成24年まで日本漫画家協会理事長を務め、その後、同協会会長に退いていました。

今年は、やなせたかし画業60年、絵本「あんぱんまん」出版40年、「それゆけ!アンパンマン」テレビ放映・映画25年の節目の年で、11月には「やなせたかし大全」の刊行を予定していました。

アンパンマンの声を演じる女優の戸田恵子さんは

「やなせ先生こそがアンパンマンそのものでした。

いつでも優しさで私たちを包んでくださり、

分け合うことを教えてくださった。

ただひたすらありがとうございましたと

感謝を申し上げるしかないのですが、

今は決して無くしてはいけない大切な道しるべを喪った感覚です。

悲しすぎて全く力が入りません」

とコメントを発表しました。

やなせたかしさんは生前に「未来へのメッセージ」を遺されましたので紹介します。

僕は先に死んじゃいますが

アンパンマンそのものは

ずっと生きていくんじゃないかと思います。

なんのために生きて なにをして生きるのか

100年後の世界では

漫画的精神で みんながなかよく そして面白く

楽しく暮らせる世界になってほしい

希望を込めて そう考えています。

「何のために生まれてきたの?希望のありか」
やなせたかし 著 PHP研究所 刊より抜粋

ご冥福をお祈りいたします。

【追記】

やなせたかしさんがアンパンマンを生み出した背景には、戦中・戦後の深刻な食糧事情がありました。

この当時やなせさんは、空腹を抱えながら「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」と思っていたそうです。

この自らの飢えの体験から「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想が生まれました。

2007年7月27日放送の「なるトモ!」(読売テレビ制作)のインタビューに対して、やなせさんは「究極の正義とはひもじい者に食べ物を与えることである」と答えました。

また、主人公をあんパンにした理由を「外の皮はパン=西洋、内側はあんこ=純日本。見た目は西洋でも心は日本人である。」と解説しています。

アンパンマンは空腹の者に顔の一部を与えることで悪者と戦う力が落ちると分かっていても、目の前の人を見捨てることはしません。

そんな状態でありながらも、敵が強かろうが戦いも放棄しません。

ほんとうの正義というものは、けっして格好の良いものではないし、そして、そのために必ず自分も深く傷つくものです

と自伝にて語っています。

東日本大震災後に、やなせさんからのメッセージがアンパンマンオフィシャルサイトに掲載されました。
やなせたかし メッセージ

生きていることが大切なんです。
今日まで生きてこられたなら、
少しくらいつらくても明日もまた生きられる。
そうやっているうちに次が開けてくるのです。
今回の震災も永遠に続くことはありません。

アンパンマンは“世界最弱”のヒーロー。
ちょっと汚れたり、雨にぬれただけでも、
ジャムおじさんに助けを求める。
でも、いざというときには、
自分の顔をちぎって食べてもらう。
そして戦います。
それは私たちも同じ。
みんな弱いけれど、
そうせずにはいられないときもあるのです。

そして、子どもたちへ。
こんな大きな地震は初めての体験だろうし、
すごく怖がっていると聞いています。
でも、とにかく元気でくじけないで。
きっとアンパンマンが助けに行くからね。

(MSN産経ニュースのインタビューにて)

やなせたかしさんに被災地からの感謝の声がツイートされています。

https://twitter.com/anny_999/status/390046177116184576

やなせたかしさんの言葉で一番私の心に残っている言葉は・・・

人生の楽しみの中で最高のものは、やはり人を喜ばせることでしょう。

(やなせたかし『人生なんて夢だけど』より)


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。