人間関係 「売り手<買い手」の状況を作る要因その2

信頼関係

「売り手<買い手」の状況を生み出す2つ目の方法は、買い手と特別な関係を築くことで、買い手をロイヤルカスタマーにする、または他社で買わなくなるようにすることです。

たとえば あなたは会計士を今の人物から別の人物に代えようと思ったことはあるでしょうか?

今の会計士は腕利きでしょうか?

料金は他の会計士よりも高いでしょうか、それとも標準的でしょうか?

あるいは格安でしょうか?

「そんなことは考えたこともない」と言うのであれば、その会計士があなたと特別な関係を築いているから、あなたは他の会計士に目が行かないのです。




その会計士は、たとえ時間がかかっても、あなたのような顧客を何人か獲得できれば、かなりの収入が得られるようになります。

関係を作るには、「とりあえず契約を結んでしまう」という手もあります。

携帯のキャリア選びで悩んでいるときは、各社の料金プランの違いを把握するのに多くの時間を浪費します。

しかし、ある携帯電話会社と2年契約を結んだら、他社の宣伝が目に入らなくなって時間の浪費をしなくてよくなります。

新しい会社が私との関係を勝ち取ったことで、私は探し回ることをしなくなったからです。

買い手と特別な関係を築く方法は他にもあります。

あなたが特定な分野で大御所になれば周りの人はまず あなたのアドバイスを聞きに来て、よそを探し回ったりはしなくなります。

顧客との関係を築くやり方

売り手市場になる方法としては非常に有効です。

具体的には、次の3つのやり方があります。

【影響力を高める】

腕を磨いて、アイデアや企画で人々を魅了する。

【認知度を高める】

メディア、イベント、広告、その他のブランディング活動を通じて、あなた自身や会社を広く宣伝する。

【契約を取る】

一度契約を取れれば、顧客は他社に目移りしなくなる。

長期契約を結べれば、あなたのビジネスはいっそう盤石(ばんじゃく)になり、価値も上がる。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。