市場に合わせるより自分の市場を見つけよう

売り手市場

市場の意向に沿おうとすると、苦しい戦いを強いられます。

値下げを求められ、次々と要求を突き付けられているうちに気持ちが参ってしまいます。

ですから、市場に合わせるのではなく、自分の市場を見つけた方が賢明です。

それに、あなたの市場は、あなたの仕事に心から興味を持つ人々で構成されています。

彼らは、あなたがもたらす成果には大きな価値があると考えています。

いろいろな事情を分かっていますし、おまけにお金を支払う余裕もあります。




あなたも、どうすれば彼らを驚かせたり喜ばせたりできるか、本人よりも熟知しています。

彼らの満たされないニーズやウォンツを理解していますし、どうすれば気持ちをグッと掴めるか、インサイト(顧客の気持ちなど、顧客に対する深い洞察)も獲得しています。

自分の市場でなら、ほとんどやりすぎなくらい、手厚くケアできます。

あなたが注力すべきは、こうした人たちです。

時間が経つうちに、あなたの市場は一般市場から引き離され、クライアントは、ライバル企業が提供する割引商品や ありきたりな戦略には見向きもしなくなります。

あなたからでなければ反応しなくなります。

売り手市場になるのに全員は必要ありません。

対応できる人数、すなわちキャパシティーを超える買い手がいればいいのです。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。