売り手市場を目指すなら自分の弱点は隠そうとしない方が賢明

売り手市場

「要望に応えられない」状況に陥った人や企業は大抵それを隠そうとします。

しかし、この言葉には何やら強い力があります。

多忙なときには、超人のふりをするのではなく、「今はスケジュールが埋まっていて、ご要望に応えるのは物理的に不可能です」と相手に伝えましょう。

丁寧に、明るく、しかし正直に話すのが大切です。

事実を正直に伝えましょう。




「お力になりたいのは山々なのですが、オフィスに人員を増やすスペースがないのです。」

「必要な物資が足りないのです。」

「ありがたいことに、たくさんの注文をいただいておりまして、対応しきれないのです。」

「問題を解決できるよう全力を尽くしているところですので、また改めてご連絡をいただければと思います。」

そんなふうに伝えるのです。

すると、顧客からは驚くような反応が返ってきます。

もちろん、あなたが注文を受けられないと知って、向こうはイライラしますし、困りもします。

しかし同時に、どうしてそんなに多忙なのかと関心を抱き、あなたに惹きつけられます。

売り手市場の企業は「お客様は神様」とは考えていません。

彼らは自らの製品やサービスに高い価値があると信じていて、売り手と買い手、両方の条件が満たされた場合にのみ、きちんと商品を提供します。

彼らはまた、価値を求める人はたくさんいると信じていますので、買い手の要求に合わせて自分を曲げるのではなく、自分が提示する条件に同意してくれる人を探します。

あなたのビジネスの弱点はどこでしょうか?
提供のシステムでしょうか?
経験豊富なスタッフの数でしょうか?
それともあなた自身の創造力でしょうか?

売り手市場を目指すなら、自分の弱点は隠そうとしない方が賢明です。

そして、仕事を受け過ぎて壊れてしまわないよう、うまい方法を取り入れましょう。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。