「食料としての蛆(うじ)」量産システムとは?

蛆
穀物で腹を満たすことができなくなれば、嫌でも非穀物食に切り替えるしか選択肢はありません。

それによって90億人が生き延びられるかどうかは不明ですが、「糖質食人間」たちが、穀物にしがみついて その奪い合いをするしかないのに比べれば、非糖質食・非穀物食にさっさと切り替えたほうが、まだ生き延びる可能性があるかもしれません。




まず、農業は大豆などのマメ科の植物中心に転換するしかないでしょう。

大豆は米よりタンパク質が多い良質の食料であることは周知の事実ですが、他の穀物に比べて格段に有利な点があります。

マメ科の植物の栽培には窒素肥料が少なくて済むのです。

マメ科の植物は、根に根粒菌という共生バクテリアがいて、土壌中の窒素を固定して植物の栄養とすることが出来ます。

この根粒菌とマメ科植物の共生関係は、それだけでも本が何冊も書けるくらい複雑にして精緻(せいち)なものですが、その結果として、大豆は痩せた土地でも窒素肥料なしに育つわけです。

その結果、窒素肥料による湖沼(こしょう)や海岸の富栄養化という環境汚染は起こりにくいですし、地下水への硝酸混入も起こらなくなるはずです。

大豆だけではちょっと、という場合にはどうしたらいいか。

これを補うのが蛆(うじ)、つまり蠅(はえ)の幼虫が最右翼ではないかと思います。

無菌的に培養した蠅に卵を産んでもらい、孵化(ふか)した幼虫(=蛆)を工場のタンクで育て、終齢幼虫になったころに「収穫」し、プロテイン粉末に加工するのです。

こんなことを書くと必ず、「蛆とか昆虫を食べるなんて信じられない」と反発する人がいると思いますが、そういう人には別に食べてもらわなくてもいいです。

このような「食料としての蛆」量産システムを提案する理由は次のとおりです。

・蛆は人間が食べないものをエサに育つので、人間の食料との競合が起こらない。

・成長が早く、しかもエサをタンパク質に転換する効率がよい。

・タンパク源として極めて良質。粉末にしてしまえば単なるタンパク質であり、体内に入れば肉や卵と同じ。

・小規模の工場でも養殖可能であり、複雑・高度な設備が不要。

ようするに、ウシだろうがウジだろうが食べてしまえば同じタンパク源であり、違いはないのです。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。