興味ではなく「強み」を使ってビジネスを差別化すると優位性が保てる

強み
起業家がワーカホリック(Workaholic=仕事中毒)になる理由は混乱しているからです。

もしあなたが、自分の才能を生かすことができない仕事をしていて、長時間かけても、ほんのわずかしか前へ進めないとしたら、フラストレーションが溜まり、弱みを最小化するというアプローチを取ってしまいます。

そのことがあなたを もがき続ける状況へと追い込むのです。




あなたが、自分の強みではなく興味に基づいてビジネスを選択すれば、あなたは一生懸命働きながら、小さな収益しか得られない状況に自分自身を追い込むことになります。

あなたが自分の興味のある分野について、調べたり、学んだりしているうちに、あなたの競合は、あなたを叩き潰してしまいます。

なぜなら、彼らはその分野について才能があり、すでに成功している実績があるからです。

興味=趣味
強み=競争優位

あなたの強みと情熱を活かせるようにゲームのルールを変えれば、あなたはお金持ちになれます。

ゼロからビジネスを始めるときには、あなたのコアなスキルが必要なビジネスを、もしくはあなたの強みが競合に対して非常に大きな優位性を保てるビジネスをスタートすることです。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。