2038年に枯渇する厚生年金「積立金」 国民負担率は2050年には71.3%に

年金積立金の枯渇
これから日本は急速な「生産年齢人口の減少」「後期高齢者の増加」の時代を迎えます。

今後の生活を考えていくうえで、大きな影響を及ぼしてくるものは年金、医療、介護などの社会保障費の給付が急速に膨らむことにともなう負担の増加です。




1980年度にまだ24兆8000億円だった社会保障給付費は、2010年度に103兆5000億円と100兆円の大台を突破し、2012年度の予算ベースでは109兆5000億円に達しました。

「今後は毎年1兆円ずつ増えていく」と報道され、その財源確保で消費税を2014年4月から3%、翌2015年10月からは2%引き上げることが予定されています。

でも、毎年1兆円の増加という数字は、あくまでも国の財政負担分だけです。

そのほか地方の財政負担分と、国民が保険料として負担している分を合わせると毎年3兆~4兆円ずつ増えていきます。

消費税が5%引き上げられることで約13兆5000億円の財源が確保され、それを社会保障給付に充てる予定ですが、社会保障給付費の伸びが急で、数年のうちに財源不足に陥るでしょう。

仮に現在の社会保障の水準を維持したまま、政府が公約に掲げている2020年時点でのプライマリー・バランス(基礎的財政収支)の黒字化達成と、その後の維持・継続を行うとしたら、2025年で20~25%、2050年には30~40%という数字に集約されたそうです。

もし、そうなったとすると、国民所得に占める租税負担と社会保障負担の割合を示した国民負担率も一気に上昇していきます。

社会保障制度に詳しい学習院大学経済学部の鈴木亘教授の推計によりますと2011年度に38.8%だった国民負担率は、2025年に52.1%となり、2050年には71.3%にまで達します。

収入の7割強を税金や社会保険料にとられてしまったら、国民の生活はさながら“生き地獄”のような状況に陥るでしょう。

主要先進国の年金の支給開始年齢は、米国が2027年までに67歳へ、ドイツが2029年までに同じく67歳へ、さらに英国が2046年までに68歳への引き上げを決めていますので、税金や保険料を負担する現役世代の負担増を考えますと、日本においても支給開始年齢の引き上げはやむをえないと思います。

こうしたなか、持続可能な社会保障システムを構築しながら、今後30年間、日本経済がどう変わっていくのかを展望した大和総研の鈴木準主席研究員が、改革シナリオの概要について次のように解説しています。

「65歳の年金の支給開始年齢の引き上げを20年度に前倒しし、31年度からは69歳支給にする一方で、70歳以上の医療費の自己負担割合を17年度から2割に引き上げます。そして、30年代初頭に消費税が20%になることを前提にシミュレーションしたのですが、それでもプライマリー・バランスの対GDP比はマイナスでした。そこで、マクロ経済スライドの強化を行い、現役世代の手取り収入に対する公的年金の支給水準を政府公約の5割から4割へ引き下げることや、私的年金の整備・活用なども追加した厳しい『超改革シナリオ』を想定しました」

その結果、プライマリー・バランスの対GDP比はようやく2030年代に入ってからプラスに転じる見通しとなりました。

しかし、オーソドックスに予測した「ベースシナリオ」の実質GDPの平均成長率が、2010年代=1.5%、2020年代=1.5%、2030年代=1.0%であったのに対して、超改革シナリオをとった場合には、おのおの0.3%、0.1%、0.1%ずつ押し下げ要因に働くといいます。

学習院大学経済学部の鈴木亘教授が厚生年金の積立金の将来予測をしたグラフをご覧ください。

厚生年金積立金の枯渇

青の実線が現行の支給開始年齢で行った場合の予測値ですが、2038年度には積立金が枯渇してしまいます。

また、国民年金についても2040年度に枯渇する見通しです。

2004年にマクロ経済スライドが導入されたものの、高齢者の反発を恐れて“伝家の宝刀”を一度も抜けずにきた結果、すでに毎年数兆円規模で“虎の子”の取り崩しが始まっています。

その取り崩しは2009年度から始まっていて、2013年度の予算分を含めた補正ベースで見ますと、その総額は24兆4237億円に達します。

現在の3年に1度のペースで支給開始年齢を70歳まで引き上げていくのが橙色の実線ですが、それでも2054年には枯渇してしまいます。

結局、支給開始年齢の引き上げだけで100年安心プランを実現させようとすると、赤紫色の線が示すように後期高齢者の仲間入りを果たした75.5歳にまで延ばす必要があります。

現在、夫婦2人分の標準的な年金受給額は月額23万940円で、支給開始年齢が1歳引き上げられると、その12カ月分である277万1280円がもらえなくなります。

支給開始が65歳から75.5歳へ引き上げられたら、損失額は10.5年分に当たる2909万8440円にもなるわけで、該当する世代の老後のマネープランは大きな狂いが生じます。

一方、厚生年金の保険料率は2004年の制度改正で当時13.58%だったものを、毎年0.354%ずつアップしていき、最終的に2017年度に18.3%へ引き上げることが決まっています。

この保険料率をさらにアップすることで新たな財源を確保することも可能なのですが、鈴木教授の試算によりますと、2018年度以降も引き上げを行い、最終的に2032年度に23.8%にする必要があるそうです。

医療保険では70~74歳の自己負担額割合について、2014年4月以降、70歳になる人から5年かけて現在の1割から2割へ引き上げる見通しになりました。

しかし、もともと2008年から実施するはずだったもので、遅ればせながら本来の制度に戻すだけのことです。

投入していた2000億円近い国の負担が軽減されるとはいえ、社会保障にかかわる国の財政負担額である29兆4000億円から見ますと微々たる額にすぎません。

都道府県ごとの全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料率は健康保険法で上限が12%に定められていますが、鈴木教授は引き上げが必至と見ています。

また、介護保険では「要支援」向けのサービスを介護保険から各市町村が独自に手がける事業に移し、現役並みの所得のある高齢者には自己負担額の引き上げを行う方向で動き始めています。

しかし、それでも認知症などの病気にかかりやすい後期高齢者の急増にともなって財源の逼迫は避けられず、協会けんぽベースで見た1.55%の保険料率に関しても鈴木教授は「4倍前後のアップが必要でしょう」と指摘します。

こうしたなかで密かに求められ始めているのが「自助努力」です。

2012年1月から新たに介護医療保険料控除が新設されました。

本来、財政が苦しい政府は税収を少なくするような制度は設けたくないはずです。

それをあえて行ったのは、国が面倒を見る分を減らすから、自分たちでカバーしていってほしいという意思表示なのでしょう。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。