糖質制限をすると痩せるメカニズムと糖質食で太るメカニズム

糖質制限ダイエット
健康的な人の血液には、1リットルあたり1グラム(=100mg/dl)のブドウ糖が含まれています。

体重60kgの男性の全血液量は4.2リットル前後ですから、トータルで4.2グラムのブドウ糖が含まれていることになり、これは大きめの角砂糖1個分に相当します。




一方、人体の中で、ブドウ糖の最大の消費地は脳です。

他の組織や器官では、主に脂肪酸をエネルギー源として使っていますが、脳や網膜などでは、ブドウ糖とケトン体が唯一のエネルギー源です。

脳や四六時中働いていますから、血管の中には常に、最低必要量のブドウ糖が流れていなければいけません。

その量が100mg/dl前後なのでしょう。

では、脳が何かの原因で、大量のブドウ糖を消費した場合を考えてみましょう。

このとき、体は直ちにブドウ糖を補充して、100mg/dlのブドウ糖濃度を維持しようとするはずです。

それが出来なければ脳が停止してしまい、生命は維持できなくなるからです。

つまり、人間の体は、この「ブドウ糖濃度(血糖値)維持システム」を備えていなければ生きていけないことになります。

そして、この「血糖値維持システム」が使用しているブドウ糖は、食物に含まれるブドウ糖ではないことは明らかです。

脳がブドウ糖を大量消費した時に、手元に常に糖質を含む食べ物があるとは限らないからです。

ましてや、夜寝ている時にも血糖は消費されますが、このときには食事由来のブドウ糖は全く当てにできないのです。

つまり、人間の体に備わっている「血糖値維持システム」は、食事によらないシステムである、と推察できます。

これは、糖質を一切食べない肉食動物のことを考えれば分かります。

肉食動物の脳も、私たち同様、ブドウ糖(とケトン体)しか使っていないからです。

つまり、肉食獣は全て「食事によらない血糖値維持システム」を備えているはずです。

それでは、その血糖値維持に必要なブドウ糖は、どこから供給されるのかといいますと、「タンパク質からの糖新生(とうしんせい)」です(糖新生には別ルートもありますが、説明の都合上、単純化します)。

人体を例にとると、血糖値が低下すると、直ちにタンパク質の分解が始まり、ブドウ糖が作られます。

これが糖新生です。

もちろん、タンパク質は人体を構成する重要な物質でもありますが、全てのタンパク質が生命維持に必要というわけではなく、不要不急のタンパク質が糖新生で消費されます。

人体のブドウ糖源としては、もう1つ、肝臓や筋肉のグリコーゲンがあり、これを分解するとブドウ糖が得られますが、グリコーゲンの場合は備蓄量が少ないので、「四六時中血糖値を一定に保つ」には不向きです。

グリコーゲンはあくまでも緊急用備蓄です。

さて、糖質制限をする場合には、食事からのブドウ糖の供給がないから、血糖の維持は全て糖新生で賄(まかな)わなければいけません。

つまり、糖質制限している人は「身(=タンパク質)を削って、血糖値を一定に保つ」わけです。

さらに、物質を分解するには、エネルギー(ATP)が必要です。

タンパク質を分解してブドウ糖を作るには、それ相応のATPを調達しなければなりません。

それは通常、脂肪細胞から遊離した脂肪酸まで賄われています。

脂肪酸がβ酸化されて細胞に入り、ミトコンドリアでエネルギー(ATP)が生成され、そのATPを使って糖新生システムを動かしているのです。

つまり、今までの流れをまとめますと、「血糖値を維持するために、備蓄脂肪を分解してエネルギーを作り、そのエネルギーで備蓄タンパク質からブドウ糖を作る」ということになります。

糖質制限している人の場合、外部からのブドウ糖流入がないから、ブドウ糖不足が解消されるまで、脂肪とタンパク質が分解されることになります。

これが、「糖質制限をすると痩せる」メカニズムです。

逆に、糖質食をたっぷり摂取すると、必要以上のブドウ糖が体内に入ることになり、血糖値は100mg/dlという適正量を超えてしまい、糖新生は起こりません。

さらに、血液中のブドウ糖が多くなると、血管に様々な障害が起こります。

血液中のブドウ糖は生存に欠かせないものですが、多すぎると逆に毒になるわけです(これを糖毒性と言います)。

ですから、血糖値を速やかに正常値に戻さなければいけません。

そのために、人体が選んだのは、「余ったブドウ糖を中性脂肪に変えて、脂肪細胞にストックする」という方式です。

ですから、糖質を食べると脂肪細胞中に脂肪が増加し、その結果として体重が増え、ウエスト周りが肥大化してくるわけです。

これが糖質食で太るメカニズムです。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。