大分トリニータのGK清水圭介が「やっちまったー」歴史的珍ゴール

清水圭介
J1第31節・2013年11月10日に行われた「大分トリニータ vs アルビレックス新潟」戦は<大分1-3新潟>という結果でした。




大分のGK清水にとっては泣くに泣けないプレーですが、サッカーのルールをよく知らない人でも「おもわず笑ってしまう珍ゴール」となってしまいました。

 >> 大分トリニータのGK清水の珍ゴール動画を視聴する。

前半13分に許した先制点は、GK清水圭介(24歳)がフィードしようとしたボールを、 完全に背を向けていた新潟FW田中達也(30歳)に当ててしまって、そのままゴールに入ってしまいました。

後半11分には安易なパスミスから球を失い、3点目を奪われました。

 
大分トリニータの田坂監督は「サッカーに事故はあるが、それをはね返す力がなかった」とコメントしています。

 >> ゴールキーパーが「やっちまった珍ゴール」を集めた動画を視聴する。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。