舞祭組(ブサイク)の「棚からぼたもち」を作曲した宮下兄弟ってどんな人?

宮下浩司
Kis-My-Ft2(キスマイ)のメンバーのうち、後列の4人である横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永が組んだユニット「舞祭組(ブサイク)」が、従来のジャニーズとは異なる路線でデビューし、注目を集めています。




11月12日深夜に放送された音楽メインの新番組『Sound Room』(TBS)では、デビュー曲の『棚からぼたもち』を地上波で初披露しました。

「僕たち四人で大丈夫なのか?」「いきなり注目厳しいかな」といったフレーズを、地味なスーツ姿でヤケクソ気味に歌うパフォーマンスに、ツイッター上では・・・

といった声が上がっています。

舞祭組は、『キスマイBUSAIKU!? 』(フジテレビ)という番組で組まれたユニットなんですが、そもそもこの番組自体が従来のジャニーズの常識を覆すようなものでした。

インターネットでキスマイを検索すると、予測検索で2番目に『ブサイク』と出てしまうことを受けて、本当にキスマイはブサイクなのかを検証するというバラエティ番組で、メンバーが自分でカッコイイと思うことをビデオ撮影し、それをファンではない女性に見せて、どれくらいキモがられるかを競うという内容なんです。

今までだったら聴こえないフリをしていれば済んだアンチの声を、あえてネタにしているんですね。

今回、人気のない4人を抱き合わせて売り出したのも、そういった“三枚目路線”の延長にあるようです。

キスマイはよく、SMAPと抱き合わせでテレビ出演することが多いのですが、飯島マネージャーは彼らをSMAPの後釜にしたいと考えているのではないでしょうか。

SMAPにいじられているグループとなれば、多くのSMAPファンも彼らのことが気になるでしょうし、飾らないキャラクターの4人と、イケメン路線の3人の組み合わせは、幅広い層に受け入れられる可能性が高いです。

一見するとおちゃらけた企画ばかりしているようですが、メンバーの中にバラエティ担当やドラマ担当など、突出したキャラクターを育てている最中なのだと思います。

いずれは嵐とともに、ジャニーズの二大巨頭にしたいのではないでしょうか。

舞祭組のデビュー曲「棚からぼたもち」の作詞は「なかいさん」と書かれていますので、中居正広さんのことだと分かります。

作曲のところに「宮下兄弟」と書かれているのは、宮下浩司(みやした こうじ)さん、宮下昌也(みやした まさや)さん兄弟のことです。

【宮下浩司さんのプロフィール】

1977・8・24生まれ
東京都出身
B型

ロックバンド『JINDOU』解散後、自身の音楽活動と平行し、様々なアーティストのプロデュース、
楽曲提供、編曲、サウンドコーディネイト活動を行っています。

宮下浩司さんは、2011年4月からフジテレビ系列のドラマチックサンデーで放送された『マルモのおきて』の主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』の作詞作曲編曲を担当した事で一躍脚光を浴びました。

【主な作品】

■薫と友樹、たまにムック。  
『マル・マル・モリ・モリ!』作詞、作曲、編曲

■SMAP     
『宮下がつくったうた』作曲、編曲
『Memory~June~』作曲、編曲      
              
■hinaco  
『泣き顔スマイル』編曲        

■Juliet  
『クリスマス☆ベル』『R.I.P』作曲、編曲
         
■Club Prince 
『Loveドッきゅん』『パリラ』作曲、編曲(アルバム曲多数)
       
■中島愛 
『空色ラブレター』『ダジャレのお歌』『Shining on』編曲         
              
■Lead   
『海』作曲         

■Hotch Potch
『Hotch&Potch 』作曲、編曲
        
■キャバレゲ コンピレーションアルバム  
 『全開キャバ』『キャバダーリン』編曲         

宮下昌也さんはロックバンド『JINDOU』のボーカル・ギター担当として活躍し、解散後も宮下浩司さんとともに「MJ」で音楽活動を続けています。

SMAPに提供した次の作品には共作で参加しました。

「宮下がつくったうた」(作曲)

「Memory ~June~」(作詞)

「CRAZY FIVE」(作詞・作曲・編曲)


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。