16年後の2030年には国民の約半数が独身者になると予測

未婚者
「生涯未婚率」は50歳時点で一度も結婚をしていない人の割合を指します。

2010年の調査では、当時50歳だった男性の約20%、女性の約11%が未婚でした。

1985年の調査では男女とも約4%でしたので、25年間で未婚率が大幅に上昇したことが分かります。




国立社会保障・人口問題研究所の調べでは、2030年には生涯未婚率が男性30%、女性23%に増加すると予想しています。

生涯未婚率

書籍「データでわかる2030年の日本」によりますと、2010年では総人口のうち既婚者は6497万人、未婚者は3020万人、死別・離別者が1552万人でした。

これが2030年には、既婚者が5497万人、未婚者は3027万人、死別・離別者が1884万人になるといいます。

未婚者と死別・離別者の合計は2010年の4572万人から4911万人に増加します。

特に80歳以上では死別・離別(実際には死別者)が激増しています。

2030年、日本の総人口は1億1662万人に減少し、そのうちの4911万人が未婚者と死別・離別者で占められ、その割合は42%にも達します。

2030年まであと16年。

独身者が今よりも増える未来に向けて、日本政府は相応の対策が必要です。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。