インターネット通販を利用するサプリ購入者の意識調査結果

サプリメント
「1年以内にインターネットの通信販売で自分用に健康食品・サプリメントを購入したことがある」と回答した全国20代~60代以上の男女1,030人を対象に行った調査結果(調査実施時期: 2012年12月12日~2012年12月13日)




 「健康食品・サプリメント」にかける費用は?

サプリメント購入者の意識調査

1か月当たり何種類の健康食品・サプリメントを摂取しているか尋ねたところ、全体では「1種類のみ」の回答割合が高い結果となりました。

しかし、男性の40代と60代以上、女性の50代と60代は「2種類」が最も多く、年齢が上がるほど複数摂取している人が多いことがわかります。

また、男女ともに「5種類以上」と回答している割合は「50代」が最も高く、「健康食品・サプリメント」への関心の高さがうかがえます。(図1参照)

サプリメント購入者の意識調査

購入頻度に関しては、全体では「2~3か月に1回くらい」が41.7%と最も高い割合でした。

さまざまな理由が考えられますが、1回の購入時に含まれる内容量がおおよそ2~3か月分という商品が多いことが一因と思われます。

なお、性年代別に見た際、「1か月に1回くらい」「1か月に2回以上」という人の合計割合が最も高いのが男女ともに60代以上でした。

男性の30代は例外ですが、男女ともに、年齢が上がるに従って購入頻度が高くなっていることがわかります。(図2参照)

サプリメント購入者の意識調査

次に、購入額を見ると、全体では1か月当たり「1,000円~5,000円未満」が最も多く、6割近い結果となりました。

また、どの性年代層においても、ボリュームゾーンは「1,000円~5,000円未満」ですが、男性では40代、女性では50代に10,000円以上使う人が他の年代と比べて多く存在していました。

費用の多寡については個人差があり一概にはいえませんが、一定額以上を「健康食品・サプリメント」に使用している事実が浮き彫りとなりました。(図3参照)

 「健康食品・サプリメント」をインターネットで購入する理由は?

サプリメント購入者の意識調査

図4は、「健康食品・サプリメント」に関連する情報への接触手段について、性年代別に示したものです。

インターネットで購入経験がある、と回答した人に対する調査のため当然ともいえますが、どの層においても「インターネット広告」と「インターネット通販サイト」の割合が高く、中高年層にとっても、「インターネット広告」が有益な情報源として認知されているようです。

また、男女の60代以上の半数が「テレビ番組」と答えている点も見逃せません。

サプリメント購入者の意識調査

インターネットで「健康食品・サプリメント」を購入する理由は、男性60代以上を除くすべての層で「都合のよい時間に購入できるから」の回答割合がトップで、次に「買いに行く時間や手間が省けるから」という理由が続いています。

「時間」を有効に活用できることや、実店舗に行かずに購入できることが、インターネット購入を活用する大きな理由といえるでしょう(図5参照)。

これらのことから、時間を気にせずに“いつでもどこでも”アクセス可能なポータブルデバイス、例えば、スマートフォンやタブレット端末経由での購入増加が、今後さらに見込まれるかもしれません。

サプリメント購入者の意識調査

また、同じような「健康食品・サプリメント」が複数のインターネットショップで販売されている場合、購入先を選ぶ決め手となるものは何かを尋ねたところ、どの層においても最も多い回答は「価格」、次いで「送料」という結果になりました。

「送料も含めて全部でいくらかかるのか」が購入先選びのポイントとなるようです。(図6参照)

サプリメント購入者の意識調査

さらに、費用面以外で目を向けるべき点として「インターネットショップの信頼感・安心感」「インターネットショップの評価(口コミ)」という回答が挙げられます。

「健康食品・サプリメント」を購入する際のお客様の声(購入者の口コミ)の参考度を調べたところ、すべての層でおおよそ半数以上が「とても参考にする」「やや参考にする」と回答しています。

これは年代が低くなるにつれ顕著で、男女で比較すると男性20代の「とても参考にする」「やや参考にする」の割合が7割弱なのに対し、女性20代は8割以上となっており、他の年代でもこのような現象が見られることからも、男性よりも女性の方が「口コミ」を重要視していることが明らかになりました(図7参照)。

顔の見えないインターネット通販の場合、安心感や信頼感を得られる情報源のひとつとして、他のユーザーの声が求められているのかもしれません。

 メーカーやブランド直販サイトでの購入のカギは?

サプリメント購入者の意識調査

図8は、購入先について質問した結果を表したもので、ここから「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」など、おなじみのインターネットのショッピングモールを利用するユーザーがどの性年代別でも多いことがわかりました。

また、注目すべきは、ショッピングモール「楽天市場」に次いで回答割合の高い「メーカーやブランドの直販サイト」で、全体では49.9%とほぼ半数が直販サイトから購入しています。

男性では40代、女性では50代が「メーカーやブランドの直販サイト」で購入する割合が最も高いという結果となりました。

サプリメント購入者の意識調査

さらに、インターネットでの購入回数について、購入経験があるサイトごとに尋ねたところ、複数回購入したという回答のうち、「メーカーやブランドの直販サイト」の「6回以上、購入したことがある(定期購入を含む)」という回答のみ、53.1%と半数を超えていました。(図9参照)

サプリメント購入者の意識調査

また、「メーカーやブランドの直販サイト」で購入する理由としては、図10の結果でもわかるとおり、信頼感や品質に対する安心感が大きく、これらが高いリピート率につながっていると推察されます。

サプリ購入者の意識調査結果 まとめ

1. 健康食品・サプリメントは年齢が上がるほど「複数使用」している人の割合が高い

2. インターネットで購入経験がある人がよく活用する情報源は「インターネット広告」と 「インターネット通販サイト」

3. インターネットで購入する理由トップ2は「都合のよい時間に購入できる」「買いに行く時間や手間が省けるから」

4. 購入先を選ぶポイントは「価格」と「送料」

5. メーカーやブランドの直販サイトで購入する人の半数以上が「6回以上購入したことがある」リピーター。購入する理由は「信頼感」と「安心感」


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。