「夢がない」と言いながら「現状維持」という強力な夢を持っている人たちへ

「最も大切なことは、最も大切なことを最も大切にすることである」というスティーブン・R・コヴィー博士の言葉があります。

当たり前だって思う人もいます。

しかし、あなたにとって「最も大切なこと」が何なのかが分かっていなければ、最も大切なことを最も大切にはできません。

あなたは、どんなとき、楽しいのか?
どんなとき、笑うのか?
どんなとき、「この時間が続いてほしい」と思うのか?

あなたは、どんなとき、悲しいのか?
どんなとき、泣きたくなるのか?
どんなとき、「この時間が早く終わってほしい」と思うのか?

紙に書いてみましょう。
目の前に吐露(とろ)し、客観視してみましょう。
「最も大切なこと」が分かるかもしれません。

夢はありますか?
20歳のとき、「100個の夢を書いてみよう」と言われました。
「夢は紙に書くと叶(かな)う」とも言われました。
紙を出し、ペンを用意し、100個の夢を書き始めてみました。
30個でペンが止まり、愕然としました。
夢が出てきません。

夢は知識です。
知ってこそ、求め、体験したくなり、所有したくなります。
知らなかったら目指しようがありません。

30個しか書くことがなく、自分に夢がないことに驚きました。
そんな自分に腹が立ち、強引に書き進めました。
「海外に行きたい」というのを「イタリアに行きたい」「フランスに行きたい」「ニューヨークに行きたい」と水増ししました。
70個で手が止まりました。

そこから先は無理をして、更に思ってもいない夢を書きました。
「幼稚園をつくる」「心病(や)む人を救う」・・・「ホッチキスが欲しい」とも書きました。
思ってもいない夢や、小さな、小さな夢。
しかし、小さい方から夢が叶うわけではないことにも、後で気づき、驚きました。

「夢がない」という人もいます。
知らないのです。
自分を高揚(こうよう)させる場所や、物や、芸術や、人が世の中にはわんさか存在します。

中には「夢がない」と言いながら「現状維持」という強力な夢を持っている人がいます。
知らない間に「現状維持モード」に縛(しば)られています。
少しでも現状が下降すると、凄い勢いで頑張れます。
現状が復帰すると、またお気楽モードでサボりはじめます。

全身全霊で現状を維持する人たちがいます。
本当にそれで良いのでしょうか?
もう一度、ワクワクした気持ちで、自分の未来に期待してみようじゃありませんか。

ワクワクした気持ちも「栄養の摂り方」ひとつだとご存じですか?
その秘訣を丁寧に教えてくれるサイトを紹介しますね。

期待を裏切らない究極の商品群には特別価格をご用意していますので、「クーポンコード:JB000335」をメモしてから下記URLをクリックしてください。

http://nutradenshin.com/


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。