記憶に残るストーリーに必要なのは「真実味と人間臭さ」だけ

戦略ストーリーの5C

最高の、記憶に残る鮮烈なストーリーは、必ずしもスケールが大きかったり、劇的な展開であったりする必要はありません。

必要なのは「真実味と人間臭さ」だけです。

たとえば、ちょっとした勝利は、最高のストーリーになります。

人は誰かが個人的な目標を達成したり、感情を爆発させたりしているところを見せられた方が、気持ちの通っていない大げさなストーリーを聞かされるよりも興味を引かれます。




あなたのビジネスにだってストーリーはあります。

仕事を始めたきっかけや、一緒に働く仲間のストーリー。

苦しい時期を必死で耐え抜いたストーリーもあれば、社員の献身が報われたときのストーリーもあるでしょう。

クライアントとのビジネスライクな関係が、友情に発展したストーリーもあるかもしれません。

そのどれもが特別なストーリーです。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。