総意誤認(偽の合意)効果・・・意思決定を乱すバイアス(偏向)

偽の合意効果

これまでの投票で十分な支持があると思っていたにも関わらず、開票してみると想定外の結果だったという経験はないでしょうか?

もしあるとすれば、総意誤認効果に陥ったのです。

自分の意見には、他人も賛同してくれるはずだと思い込みますが、実際はそうでもありません。

自分は常に正しいと思いたいのですが、必ずしもそうではありません。

そのため、マーケティングでは問題が起こります。

経験の浅い担当者は、自分が好きな商品を消費者も好きなはずだと信じ込んでしまうのです。

本当は正反対な場合が多く、消費者はマーケティング担当者と全く違うと言っても過言ではありません。

そのため客観的指標を設定し、出来るだけ現状から離れた分析をする能力を、まず身に付けなければなりません。





カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。