認知症と喫煙の関係を日本人対象で調査。「ずっと喫煙」は認知症の発症リスクが2倍

喫煙
“たばこを吸う高齢者は吸わない人に比べ、認知症の発症リスクが2倍に高まる。”

こうした疫学調査結果を、九州大大学院の研究チームが6月14日、福岡市で開かれた日本老年医学会の学術集会で発表しました。




福岡県久山町の住民を15年間、追跡調査して判明しました。

日本人を対象に、認知症と喫煙の関係を研究したのは初めてです。

追跡調査したのは1988年に健康診断を受けた老年期の712人(当時の平均年齢72歳)。

2003年までに202人が認知症になりました。

「喫煙なし」「過去に喫煙」「ずっと喫煙」の3群に分け、それぞれ認知症になった割合を調べたところ、ずっと吸っている人は吸っていない人に比べ、発症リスクが2倍になりました。
 
712人のうち578人は中年期(平均年齢57歳)の健診データもあり、「中年期も老年期も喫煙なし」「中年期は吸ったが、老年期までにやめた」「ずっと喫煙」の3群で比較しますと、ずっと吸っている人は吸っていない人より、リスクが2.8倍に上昇しました。

一方、たばこをやめた人は1.5倍にとどまりました。
 
小原知之助教(精神病態医学)は「喫煙が脳神経細胞の老化や動脈硬化を促進させ、認知症を引き起こすと考えられる。禁煙が認知症に発症するリスクを下げる可能性がある」と説明しました。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。