お客様から信頼されるために必要な3つのこと

信頼
営業マンが主導権を握り、お客様をリードするためには、大前提として、“お客様から信用、信頼されている”ことが求められます。

ですから、何よりも、“この人の話なら聞いても大丈夫だな”とか、“この人になら、自分のことを正直に話しても大丈夫だな”と、安心して会話ができる状況を作ることが大切です。




お客様が「契約した理由」で一番多いのは「会社の商品(システム)が良かったから」という回答。

これはある意味、当然のことであり、予想通りの答えです。

しかしこれを、決して安易に「商品のおかげで契約が取れた」と考えてはいけません。

営業マンがお客様に、使用していない商品を「良さそう“だな”」と感じさせることが出来たから契約をしてもらうことが出来たのです。

これがまさに“営業力”です。

次に、契約したお客様の「営業スタッフに対する印象」は、次の3つにまとめることが出来ます。

① この人は、良く知っている。・・・【有益な情報を持っている

② この人は、頼りになる。・・・【プロとしての実績がある

③ この人は、親身になってくれている。・・・【強引な売り込みをせず、協力的である

この3つは、営業をするものとして、ほとんどの方が意識していることかもしれません。

ですが、意識してお客様と接することが出来ても、その姿勢がお客様に伝わっていなければ意味がないのです。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。