説得は実践を通じて改善される技術

説得はモノを売りつけるだけの行為ではなく、同意と支持を取り付ける行為でもあります。

説得は2人以上の人が同じ考えや信念を共有できる土台を築く行為で、事実上、生活の全ての側面で行われます。

他人を動かし、自分が望むものをより多く入手するために、説得は欠かせない行為なのです。

説得は実践を通じて改善される技術です。

生まれついての偉大な説得者は存在しません。

効果的な説得ができるようになりたければ、何が人を決断させるのか時間をかけて学ぶ必要があります。

説得と操作を厳密に区分するものは意思です。

コノテーション(言外の暗示=ある単語を耳にしたとき、その単語の本来の意味とは別に、その単語から想像される別な意味のこと)もまた、解釈により2通りの結果をもたらします。

説得には非常にポジティブなコノテーションが含まれ、操作はそうでないのが一般的です。




成功を引き寄せる質問

1.説得、あるいは操作に対する私の信念はどのようなものか?

2.説得と操作に対する私の信念は、これまでどのようにして私を支えてくれたか、あるいはどのように私を阻害してきたか?

3.知識や経験の幅を広げ、説得力ある議論を展開できるようにレベルアップするために、自分の周囲の世界にもっと強い関心を抱き、自分の信念について考え直してみるにはどうすればいいか?


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。