人を欺く「操作」と説得は似て非なるもの

操作と説得を明確に区別する唯一の要素は意思です。

操作は内向きで、操作者が結果を得ることのみに焦点が合わせられます。

説得は外向きで、両者の欲求が満たされる「win-win」の結果を導きます。

操作するとき、あるいは操作を受けるときの必要条件は4つ:解決策の模索、時間感覚、損失の可能性、善意の説得者との出会い。

操作は短時間しか効果が持続しません。ほぼ全ての操作者と操作事例が外部の観察者によって、あるいは批判的思考によって暴(あば)かれます。

操作はどんな状況下でも不適切な行為であるケースが大半で、特にビジネスや営業販売にはふさわしくありません。高い収入を得てキャリアを長続きさせたければ、どんな場合であっても他人を操作することは避けるべきです。

他人に影響力を及ぼしたい場合、短時間しか続かない操作が長期的な成功をもたらすことは絶対ないと心に留めておくこと。操作は必ず見破られます。




成功を引き寄せる質問

1.説得を試みるときの意思はどんなものでしょうか?

2.批判的な視点で振り返ったとき、これまで誰かに操られた事例にはどんなものがあったでしょうか?

3.説得と操作の違いは(あるいは これらを正当化できる理由は)ほかにもあるのでしょうか?


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。