平成24年度「国の財務書類」の貸借対照表の概要

財務省
財務省が1月31日発表した2012年度末の「国の財務書類」によりますと、負債が資産を上回る「債務超過」の金額は、これまで最悪だった2011年度からさらに17.7兆円増えて477.0兆円となりました。




社会保障費などを賄うために発行した国債(借金)残高が増えたためで、2012年度の名目国内総生産(GDP)の472.6兆円を上回りました。

資産は、円安が進んだため国が保有している米国債などを円換算した評価額が膨らみ、11.3兆円増の640.2兆円となりました。

一方、負債は28.9兆円増の1117.2兆円で、5年連続でこれまでの最大を更新しました。

基礎年金の不足分を穴埋めするための「年金つなぎ国債」を2.6兆円発行するなど、国債の発行残高が36.3兆円増の827.2兆円となったためです。

国の貸借対照表(平成24年度末)

(単位:兆円)
 
前年度
(平成24年3月31日)
平成24年度
(平成25年3月31日)
増▲減 前年度
(平成24年3月31日)
平成24年度
(平成25年3月31日)
増▲減
<資産の部> <負債の部>
現金・預金
17.7
  22.0
4.2
未払金等
11.2
11.3
0.1
有価証券
97.6
110.8
13.2
政府短期証券
107.2
101.7
▲5.6
未収金等
13.0
12.4
▲0.6
公債
791.0
827.2
36.3
前払費用
4.3
2.8
▲1.6
借入金
24.5
26.8
2.3
貸付金
142.9
139.5
▲3.3
預託金
7.5
7.3
▲0.2
運用寄託金
110.5
106.7
▲3.7
責任準備金
9.2
9.2
0.0
貸倒引当金
▲ 2.7
▲ 2.6
0.1
公的年金預り金
118.5
114.6
▲3.9
有形固定資産
180.9
180.3
▲0.5
退職給付引当金等
11.0
10.1
▲0.9
無形固定資産
0.2
0.2
0.0
その他の負債
8.1
8.8
0.7
出資金
59.3
62.2
2.9
負債合計
1,088.2
1,117.2
28.9
その他の資産
5.2
5.8
0.5
<資産・負債差額の部>
資産・負債差額
▲ 459.3
▲ 477.0
▲17.7
資産合計
628.9
640.2
11.3
負債及び資産・負債差額合計
628.9
640.2
11.3

計数は、単位未満四捨五入。

(参考)「国の財務書類」の資産・負債の推移

(単位:兆円)
 
平成20年度末 平成21年度末 平成22年度末 平成23年度末 平成24年度末
資産 664.8 647.0 625.1 628.9 640.2
負債 982.2 1,019.0 1,042.9 1,088.2 1,117.2
資産・負債差額 ▲317.4 ▲372.0 ▲417.8 ▲459.3 ▲477.0

「国の財務書類」の構成

国の財務書類


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。