理容室や美容室の客単価が減少し過当競争が止まらない

理容院
ヘアサロンや理容室などの「理美容業界」が苦戦を強いられています。




矢野経済研究所によりますと、2013年度の市場規模は前年度比99.2%の2兆2087億円(事業者売上高ベース)にとどまりました。

特に理容室などの市場規模は、6600億円で前年度比98.7%と低迷。

1990年代後半から続く美容師・ヘアサロンブーム、若い男性の「理容室離れ」、顧客の来店サイクルの長期化や「1000円カット」チェーンの台頭など、理容室をめぐる状況は厳しいようです。

都心では、1万円を超えるメニューを提供する「高級理容室」も注目されています。

ただ、こうした付加価値を提供できる理容室はごく一部。

多くは際限ない価格競争に巻き込まれているのが現状です。

理容師たちは、このまま事業を続けていても将来が見えないと、自主廃業を迫られています。

厚生労働省の衛生行政報告例によれば、2013年3月末現在、全国の理容所数は約13万。

前年度から1.1%減少しました。

理容室の数は1986年をピークに減少を続けており、1990年代半ばに若干増加したものの、カリスマ美容師ブームが起きた1998年頃からは再び減少に転じました。

理容師の数も減っています。

2013年3月末現在、全国に約24万人。

美容師が増加の一途をたどるのとは対照的に、前年より1931人減少しました。

現状を打破しようと、理美容化粧品メーカーや卸はタッグを組んで、理容室への働きかけを進めます。

従来メニューの顔剃り・髭剃りメニューのグレードアップ化や、男性用スキンケア、スキャルプケア・育毛メニューなど、経営者に向けた新サービスの普及・浸透を図っています。

理容室と比べればまだ好調にみえる美容室も、2013年の市場規模は1兆5487億円。

前年比99.4%とやや低迷しました。

美容室も、客単価の減少と過当競争が止まりません。

日本には現在、コンビニエンスストア数の4倍以上、約23万店もの美容院があります。

市場は飽和し、理容室も美容室も、他店との差異化が難しくなっていることに変わりありません。


カテゴリー: 日本経済 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。