【第55回日本レコード大賞・優秀作品賞】AKB48・EXILE・いきものがかり・西野カナ・きゃりーぱみゅぱみゅ・家入レオ・AAA・氷川きよし・坂本冬美・水森かおり

第55回日本レコード大賞
第55回日本レコード大賞の審査委員会は11月21日、大賞の候補となる優秀作品賞などを発表しました。

大賞と最優秀新人賞は12月30日に決まります。

今年亡くなった島倉千代子、藤圭子、田端義夫、岩谷時子らの各氏が特別功労賞に選ばれました。




主な賞は次の通りです。

【優秀作品賞】(日本レコード大賞候補)

「伊勢めぐり」水森かおり
「笑顔」いきものがかり
「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」EXILE
「男の火祭り」坂本冬美
「恋音と雨空」AAA
「恋するフォーチュンクッキー」AKB48
「さよなら」西野カナ
「太陽の女神」家入レオ
「にんじゃりばんばん」きゃりーぱみゅぱみゅ
「満点の瞳(ほし)」氷川きよし

【新人賞】(最優秀新人賞候補)

Juice=Juice/新里宏太/福田こうへい/社このみ

【最優秀アルバム賞】

『LAND』ゆず

【優秀アルバム賞】

『sakanaction』サカナクション
『昭和の歌よ、ありがとう』泉谷しげる
『ジルデコ5』JiLL-Decoy association
『なんだこれくしょん』きゃりーぱみゅぱみゅ

【特別賞】

ゴールデンボンバー
さだまさし
TRF

【最優秀歌唱賞】

大月みやこ

【作曲賞】

大友良英:連続テレビ小説『あまちゃん』の一連の音楽に対して

【作詩賞】

高木洋一郎:「Distance」JUJU

【編曲賞】

萩田光雄:「おんなの夜明け~第一章~」竹川美子

【企画賞】

『祈り~未来への歌声』海上自衛隊東京音楽隊、三宅由佳莉(ユニバーサルミュージック)
『革命デュアリズム』水樹奈々×T.M.Revolution/『Preserved Roses』T.M.Revolution×水樹奈々(キングレコード/EPICレコードジャパン)
『Dialogue-Miki Imai Sings Yuming Classics-』今井美樹(ユニバーサルミュージック)
『TBS系日曜劇場「半沢直樹」オリジナル・サウンドトラック』音楽:服部隆之(Anchor Records)
『ふるさとは今もかわらず シンフォニックVer./合唱Ver.』新沼謙治 杉並児童合唱団(日本コロムビア)
『夢がさめて』松田聖子&クリス・ハート/『Heart Song』クリス・ハート(ユニバーサルミュージック)
『私のオキナワ』島袋寛子(エイベックス・エンタテインメント/SONIC GROOVE)

【日本作曲家協会奨励賞】

竹島宏

【功労賞】

ジェリー藤尾/新川二朗/中村典正

【特別功労賞】

相澤秀禎/石坂まさを/岩谷時子/島倉千代子/田端義夫/西川幸男/藤圭子

過去の 『 レコード大賞 』 受賞者一覧
第1回
昭和34年(1959)
「黒い花びら」 水原弘
第2回
(昭和35年・1960)
「誰よりも君を愛す」松尾和子/和田弘とマヒナスターズ
第3回
(昭和36年・1961)
「君恋し」フランク永井
第4回
(昭和37年・1962)
「いつでも夢を」橋幸夫/吉永小百合
第5回
(昭和38年・1963)
「こんにちは赤ちゃん 」 梓みちよ
第6回
(昭和39年・1964)
「愛と死をみつめて 」 青山和子
第7回
(昭和40年・1965)
「柔」美空ひばり
第8回
(昭和41年・1966)
「霧氷」橋幸夫
第9回
(昭和42年・1967)
「ブルー・シャトウ」ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
第10回
(昭和43年・1968)
「天使の誘惑」黛ジュン
第11回
(昭和44年・1969)
「いいじゃないの幸せならば」佐良直美
第12回
(昭和45年・1970)
「今日でお別れ」菅原洋一
第13回
(昭和46年・1971)
「また逢う日まで」尾崎紀世彦
第14回
(昭和47年・1972)
「喝采」ちあきなおみ
第15回
(昭和48年・1973)
「夜空」五木ひろし
第16回
(昭和49年・1974)
「襟裳岬」森進一
第17回
(昭和50年・1975)
「シクラメンのかほり」布施明
第18回
(昭和51年・1976)
「北の宿から」都はるみ
第19回
(昭和52年・1977)
「勝手にしやがれ」沢田研二
第20回
(昭和53年・1978)
「UFO」ピンク・レディー
第21回
(昭和54年・1979)
「魅せられて」ジュディ・オング
第22回
(昭和55年・1980)
「雨の慕情」八代亜紀
第23回
(昭和56年・1981)
「ルビーの指環」寺尾聰
第24回
(昭和57年・1982)
「北酒場」細川たかし
第25回
(昭和58年・1983)
「矢切の渡し」細川たかし
第26回
(昭和59年・1984)
「長良川艶歌」五木ひろし
第27回
(昭和60年・1985)
「ミ・アモーレ(Meu amor é…)」中森明菜
第28回
(昭和61年・1986)
「DESIRE」中森明菜
第29回
(昭和62年・1987)
「愚か者」近藤真彦
第30回
(昭和63年・1988)
「パラダイス銀河」光GENJI
第31回
(平成元年・1989)
「淋しい熱帯魚」Wink
第32回
(平成2年・1990)
「恋唄綴り」堀内孝雄
「おどるポンポコリン」B.B.クィーンズ
第33回
(平成3年・1991)
「北の大地」北島三郎
「愛は勝つ」KAN
第34回
(平成4年・1992)
「白い海峡」大月みやこ
「君がいるだけで」米米CLUB
第35回
(平成5年・1993)
「無言坂」香西かおり
第36回
(平成6年・1994)
「innocent world」Mr.Children
第37回
(平成7年・1995)
「”OVERNIGHT SENSATION
~時代はあなたに委ねてる~”」trf
第38回
(平成8年・1996)
「Don’t wanna cry」安室奈美恵
第39回
(平成9年・1997)
「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵
第40回
(平成10年・1998)
「wanna Be A Dreammaker」globe
第41回
(平成11年・1999)
「Winter, again」GLAY
第42回
(平成12年・2000)
「TSUNAMI」サザンオールスターズ
第43回
(平成13年・2001)
「Dearest」浜崎あゆみ
第44回
(平成14年・2002)
「Voyage」浜崎あゆみ
第45回
(平成15年・2003)
「No way to say」浜崎あゆみ
第46回
(平成16年・2004)
「Sign」Mr.Children
第47回
(平成17年・2005)
「Butterfly」倖田來未
第48回
(平成18年・2006)
「一剣」氷川きよし
第49回
(平成19年・2007)
「蕾(つぼみ)」コブクロ
第50回
(平成20年・2008)
「Ti Amo 」EXILE
第51回
(平成21年・2009)
「Someday」EXILE
第52回
(平成22年・2010)
「I Wish For You」EXILE
第53回
(平成23年・2011)
「フライングゲット」AKB48
第54回
(平成24年・2012)
「真夏のSounds good !」AKB48

 

過去の 『 最優秀新人賞 』 受賞者一覧
第4回
(昭和37年・1962)
「なみだ船」北島三郎
「下町の太陽」倍賞千恵子
第5回
(昭和38年・1963)
「学園広場」舟木一夫
「高校三年生」舟木一夫
「島のブルース」三沢あけみ
「私も流れの渡り鳥」三沢あけみ
第6回
(昭和39年・1964)
「君だけを」西郷輝彦
「17才のこの胸に」西郷輝彦
「アンコ椿は恋の花」都はるみ
第7回
(昭和40年・1965)
「女心の唄」バーブ佐竹
「愛して愛して愛しちゃったのよ」田代美代子
第8回
(昭和41年・1966)
「空に星があるように」荒木一郎
「赤い風船」加藤登紀子
第9回
(昭和42年・1967)
「恋人と呼んでみたい」永井秀和
「世界は二人のために」佐良直美
第10回
(昭和43年・1968)
「あなたのブルース」矢吹健
「くちづけが怖い」久美かおり
「恋の季節」ピンキーとキラーズ
第11回
(昭和44年・1969)
「夜と朝のあいだに」ピーター
第12回
(昭和45年・1970)
「もう恋なのか」にしきのあきら
第13回
(昭和46年・1971)
「私の城下町」小柳ルミ子
第14回
(昭和47年・1972)
「芽ばえ」麻丘めぐみ
第15回
(昭和48年・1973)
「わたしの青い鳥」桜田淳子
第16回
(昭和49年・1974)
「逃避行」麻生よう子
第17回
(昭和50年・1975)
「心のこり」細川たかし
第18回
(昭和51年・1976)
「思い出ぼろぼろ」内藤やす子
第19回
(昭和52年・1977)
「帰らない」清水健太郎
第20回
(昭和53年・1978)
「かもめが飛んだ日」渡辺真知子
第21回
(昭和54年・1979)
「私のハートはストップモーション」桑江知子
第22回
(昭和55年・1980)
「ハッとして!Good」田原俊彦
第23回
(昭和56年・1981)
「ギンギラギンにさりげなく」近藤真彦
第24回
(昭和57年・1982)
「100%…SOかもね!」シブがき隊
第25回
(昭和58年・1983)
「気まぐれONE WAY BOY」THE GOOD BYE
第26回
(昭和59年・1984)
「恋はじめまして」岡田有希子
第27回
(昭和60年・1985)
「C」中山美穂
第28回
(昭和61年・1986)
「仮面舞踏会」少年隊
第29回
(昭和62年・1987)
「キミはどんとくらい」立花理佐
第30回
(昭和63年・1988)
「DAYBREAK」男闘呼組
第31回
(平成元年・1989)
「ふりむけばヨコハマ」マルシア
第32回
(平成2年・1990)
「愛されてセレナーデ」ヤン・スギョン
「一円玉の旅がらす」晴山さおり
「さよなら人類」たま
「お祭り忍者」忍者
第33回
(平成3年・1991)
「やせがまん」唐木淳
「想い出の九十九里浜」Mi‐Ke
第34回
(平成4年・1992)
「大阪すずめ」永井みゆき
「You’re the Only…」小野正利
第35回
(平成5年・1993)
「Get Along Together」山根康広
第36回
(平成6年・1994)
「海峡恋歌」西尾夕紀
第37回
(平成7年・1995)
「桃と林檎の物語」美山純子
第38回
(平成8年・1996)
「アジアの純真」Puffy
第39回
(平成9年・1997)
「precious delicious」知念里奈
第40回
(平成10年・1998)
「抱いてHOLD ON ME!」モーニング娘。
第41回
(平成11年・1999)
「SHOOTIG STAR」八反安未果
第42回
(平成12年・2000)
「箱根八里の半次郎」氷川きよし
第43回
(平成13年・2001)
「Paradox」w-inds.
第44回
(平成14年・2002)
「WILL」中島美嘉
第45回
(平成15年・2003)
「もらい泣き」一青窈
第46回
(平成16年・2004)
「さくらんぼ」大塚愛
第47回
(平成17年・2005)
「BLOOD on FIRE」AAA
第48回
(平成18年・2006)
「三日月」絢香
第49回
(平成19年・2007)
「都会っ子純情」℃-ute
第50回
(平成20年・2008)
「海雪」ジェロ
第51回
(平成21年・2009)
「ガラガラGO」BIGBANG
第52回
(平成22年・2010)
「夢見る 15歳」スマイレージ
第53回
(平成23年・2011)
Fairies
第54回
(平成24年・2012)
家入レオ

カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。