世界で禁止されている臭素酸カリウムを使う日本の製パン会社

ランチパック
一部の製パン会社では、パン生地改良剤として「臭素酸カリウム」という食品添加物を使っていますが、この臭素酸カリウムは発がん性を指摘されて一度は全面的に使用禁止になったものです。




イギリスでは1990年に、ドイツでは1993年に、カナダでは1994年に、中国でも2005年に、食品への使用を禁止しています。

FAO(国際連合食糧農業機関)と、WHO(世界保健機関)の合同食品添加物専門委員会(JECFA:Joint Expert Committee on Additives)においても、「臭素酸カリウムの小麦粉処理剤としての使用は容認できない」と結論付けられてもいます。

「小麦粉処理剤」とは、パン製造において漂白したり、熟成期間を短縮したりできる添加物で、パン生地改良剤と同義語です。

ところが、日本パン工業会が、臭素酸カリウムの分析精度が向上したことを理由に使用の再開を求め、何故か厚生労働省がこれを認めた為、現在は数社が食品添加物の1つとして使っているという例があります。

長期間、腐らないハンバーガーが人間の体にどんな影響を与えるのか、強烈な防腐剤、殺菌剤、膨張剤、光沢剤などを使っていて常温でもカビが生えないというパンを食べると体がどう反応するのか・・・

気になる事実ではありますが、製パン会社は消費者の希望通りに販売価格を低くして、店頭に出しているだけのこと。

それを選択するかどうかは、完全に消費者に任されています。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。