世界にひとつのオリジナルのスタンプが簡単に作れる「pomrie(ポムリエ)」

pomrie
カシオ計算機は、スマートフォン(高機能携帯電話)やパソコンなどと連携させてオリジナルのスタンプを作れる「pomrie(ポムリエ)」を発売しました。




価格は無線LAN「Wi-Fi」に対応した「STC-W10」が8000円前後、USB接続の「STC-U10」が6000円前後。同社が手作りホビー市場に参入する第1弾の製品となります。

 
手のひらに納まるコンパクトなサイズながら、自分だけのオリジナルスタンプを簡単に作れます。

スタンプ部分は、内蔵された約700種類から作成できるほか、内蔵イラストとフレーム、自分で入力したテキストを自由に組み合わせて、オリジナルデザインも作成できます。

 
また、手書きイラストや、撮影した顔写真をエフェクト処理することでコミック調やポップ調などの効果をつけることができます。

 
普段からスタンプやマスキングテープをよく使うという36歳の女性は「どれにしようかと迷いながら制作するのが楽しい。出来上がったスタンプは本格的で使いやすい」と購入を決めました。

49歳の女性は「スマホから簡単に作れるのがいい。迷っても作り方を動画で見られるので安心して使えた」と、手軽さを評価します。

 
スタンプの大きさは最小で15×15ミリメートル、最大では45×90ミリメートルで、全7種類のサイズに対応。ちょっとしたスタンプから名刺まで、工夫次第でさまざまなものを作ることができます。

 
手帳をデコレーションするのに使用しているという21歳の女性は「15×15ミリメートルサイズのものはスケジュール帳の日付を囲むのに使っている。大きいサイズのものは、手紙やノートのアクセントとして使っている。色が鮮やかで目立つうえに、おしゃれなので、使いやすい」と満足げです。

 
作成できるスタンプは浸透印タイプで1回インクを補充することで50回程度押印できます。

別売りの布転写シート(A6サイズ/5枚入り、525円)を使用すればTシャツやハンカチなどの布製品にも転写できます。 

カラーはブラック、レッド、ブルー、グリーン、ブラウン、ピンク、パープル、イエローの8色で各400円です。

 
マスキングテープやデコシールなど、近年身の回りのものをデコレートする層が女性を中心に増えています。

中でもスタンプは自分の名刺や付箋(ふせん)にひと工夫を加える方法として人気を集めています。

カシオ計算機は発売と同時に年賀状にも使用できるイラストをウェブ上で提供を開始しました。

 
今後は季節やイベントに使用できるコンテンツを順次提供する予定です。

 >> カシオスタンプメーカー「pomrie(ポムリエ)」の詳細を見る。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。