PMS(プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群)とは?

PMS(プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群)
月経が始まる1~2週間ぐらい前から起こる、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな不快症状。

月経がはじまると消えるこのような症状を、PMS(プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群)と言います。

PMSには、排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられており、多くの女性が悩んでいます。




PMSの症状トップ5

1. イライラ2. 腹痛・下腹部痛3. 頭痛・頭が重い4. 眠気5. 胸の痛み・張り

からだの症状

腹痛・下腹部痛・胃が痛い・下腹部がふくらむ・お腹が張る・腰痛・腰が重い・お尻から背中が痛い・肩コリ・胸の痛み、張り・頭痛・頭が重い・吐き気・寒気・のぼせ・動悸・めまい・貧血・気を失う・カゼに似た症状・のどが引っかかる・微熱が続く・眠気・肌アレ・ニキビ・吹き出物・股のあいだのできもの・頭皮が脂っぽくなる・フケが出る・目の奥がズキズキする・目がハレる・歯茎がハレる・口内炎・くちびるのアレ・アトピー・かゆみ・だるい・疲れやすい・むくみ・体重が増える・太る・ウエストが太くなる・食欲増進、減退・甘いものが食べたい・アルコールに弱くなる・消化不良・便秘が治る・下痢・排便痛・排尿痛・頻尿・痔が悪化・おならが出る・尿が臭う・体臭がきつくなる・デリケートゾーンのかゆみ・少量の出血・おりものに血が混じる・おりものが増える

ココロの症状

イライラ・精神的に不安定・憂うつ・うつっぽくなる・無気力・集中できない・細かい作業ができない・ボーっとする・朝起きられない・不眠・寝つけない

セルフケアでPMSを乗り切る

ちょっとしたセルフケアで、PMSの症状をやわらげることができます。

たとえばアロマテラピーやマッサージ、フットバス、軽い体操やヨガなど、自分なりのリラックス法を見つけてみましょう。

日常生活では、十分な睡眠を心がけて。

食事では、コーヒーなどカフェインの多いもの、糖分、塩分をひかえましょう。

お酒やタバコもほどほどに。

ビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンなどをサプリメントから摂取するのも効果的ですね。

痛みの原因は『プロスタグランジンE2』という局所ホルモン

PMSとは日本語では「月経前症候群」のことで、基礎体温が高めの「黄体期」と呼ばれる生理の2週間前辺りから起こる不調のことを言います。

この時に伴うお腹のダル~い痛みは、子宮を収縮させて陣痛を起こすホルモンでもある『プロスタグランジンE2』という局所ホルモンの仕業。

実は生理痛の市販薬もこの分泌を抑えるようにできているそうです。

「プロスタグランジン」の仕組み

細胞膜の脂質は「アラキドン酸」「EPA(エイコサペンタエン酸)」「γリノレン酸」の3種類と言われ、この中の「アラキドン酸」の割合が多く、γリノレン酸の血中濃度が低いと「プロスタグランジンE2」の分泌が多くなりPMSや生理痛の症状がひどく出ると言われています。

PMSを和らげるには「アラキドン酸」を減らし、「EPA」と「γリノレン酸」の分量を増やせれば一歩改善があるかもしれません。

「リノール酸」が体内に入ると「アラキドン酸」に替わる

サラダ油やマーガリンなどの加工油に含まれる「リノール酸」が体内に入ると「アラキドン酸」に替わってしまいますので、PMSの時期は揚げ物やパンや洋菓子類に入っているマーガリンを避けてみましょう。

また、PMS改善食としてビタミンEが摂れるナッツ類が挙げられますが、植物油で揚げているものは避け、生やローストタイプのものをチョイスしてください。

ちょっとしたおやつやお肉からも摂取しやすいので、PMSがひどい場合は控えめに。

※アラキドン酸自体は悪者ではありません。割合が高いと症状が出やすいということです。

「EPA」と「γリノレン酸」を増やす方法

●「EPA」

「アジ」「イワシ」「サンマ」などの青魚や、今から旬を迎える「カンパチ」がオススメ!

●「γリノレン酸」

食品では月見草オイルや、カシス種子油などからしか摂取できないので、サプリメントの活用も良いでしょう。

「EPA」は旬のお魚を緑黄色野菜など色の濃い野菜と一緒に摂ると吸収が良くなるそうなので、あまりにもPMSがつらい場合はお魚に頼ってみましょう。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。