PM2.5について詳しく調べてみました。

北京の大気汚染
中国の環境汚染は今に始まったことではありませんが、私たちの関心が高まったのは、PM2.5の存在が知られるようになってからです。

2011年末に米国大使館と北京市環境保護局の大気汚染指数に大きな差があることをメディアが報道しました。

米国大使館が公表したPM2.5の数値の高さはインターネットで瞬く間に広がり、激震が走りました。




PM2.5とは、どんな物質?

大気には目に見えない様々な小さな粒子が漂っています。

粒子の種類は無数にあるため、観測は粒子の直径ごとに分類して行います。

この中で、直径が10マイクロメートル(μ m、マイクロは100万分の1)以下のものを「SPM」もしくは「PM10」と呼び、同じく2.5μ m以下のものを「PM2.5」と呼びます。

髪の毛の直径は約70μ mでPM2.5の約30倍の大きさです。

PM2.5

PM2.5は、あまりに粒子が小さいために健康への影響を及ぼします。

粒子が大きなSPMは気管までしか入りませんが、PM2.5は肺の奥深くまで到達します。

PM2.5

しかも、一度体内に入ると排出されにくく、喘息や心臓疾患の原因になると言われます。

発生源には、工場や発電所、自動車、焼き畑など人為的なものと、植物や火山の噴火といった自然由来のものがあります。

発生源から放出される煤煙(ばいえん)中のPM2.5を「1次粒子」と呼びます。

また、大気中に放出されたNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)、VOC(揮発性有機化合物)といった大気汚染物質が化学反応を起こすことによって生じるPM2.5を「2次粒子」と呼びます。

2次粒子の発生には光化学スモッグが関係しています。

大気中のNOxやVOCに太陽からの紫外線が当たると反応が起きてオゾンなどができます。

オゾンは光化学スモッグの主要物質です。

このオゾンや紫外線が大気汚染物質と反応すると、PM2.5が発生します。

ただし、メカニズムは全てが解明されたわけではありません。

北京市の発表によれば、市内のPM2.5の主な要因は自動車です。

北京市に隣接する河北省などから流れ込んでくる量を加えると、全体の半分ほどになります。

確かに北京や河北省の汚染レベルは高いのですが、この地域に限った話ではなく、広範囲にわたっています。

NOx

NOxは発生直後しか測定できません。

このため、PM2.5を含んだ発生源の場所が特定できます。

上の図で日本が東京など大都市に集中しているのに対して、中国は全国各地に面的に発生源が存在することが分かります。

北京でのPM2.5発生源の内訳

天津市、河北省などからの越境汚染・・・25%

自動車・・・22%

発電所、ボイラーなどの石炭燃焼・・・17%

自動車や塗装などからのVOC・・・16%

道路や建設現場からの粉塵・・・16%

農村における麦わら圃茎などの焼却・・・5%


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。