組織の存続は個性にかかっている

パーソナルブランド

意匠(いしょう)に色を塗り、そこに社名を添えたロゴさえあれば、顔のない無個性な企業でも存続できたのは遠い昔の話です。

今では、組織の存続は個性にかかっています。

最近の消費者は、創業者はどんな人物か、CEOはどんなバックグラウンドを持っているか、首脳陣はどんな哲学を持っているかを知りたがります。

売り手市場になる会社は、内部の人間のブランドを利用します。

パーソナルブランドを構築するには、市場の中でのあなたや社員の知名度、
好感度、信頼度を高めなければいけません。

動画、ブログ、記事、本、画像、引用、メディア出演、講演、宣伝、イベントなどが、パーソナルブランドを築く手段になるでしょう。




パーソナルブランドが強力な理由

パーソナルブランドが強力なのには理由があります。

第一に、私たちの脳は「人間」に親近感を覚えます。

大手ブランドは、数百万ドルを投じて、消費者に会社のロゴを覚えてもらおうとしますが、実のところ、ロゴよりも人の顔を覚えてもらう方がずっと早いです。

人間にとっては、顔や声、ボディランゲージ、直接耳にする言葉の方が、信頼しやすく、身近に感じやすいです。

人が受け入れやすく、話題にしやすいのは、やはり人なのです。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。