平成23年パートタイム労働者総合実態調査の概況:個人調査 (1)

パートタイマー労働
I 就業形態、性別労働者の状況(事業所調査の結果)

(1)就業形態別労働者を雇用している事業所の割合

平成23年6月1日現在の「正社員以外の労働者」の割合は34.4%(平成18年調査(以下「前回」という。)30.9%)、うち「パート」は27.0%(前回25.7%)となっており、前回調査と比較するといずれも上昇している。




これを男女別にみると、男では「正社員以外の労働者」は20.3%(前回15.7%)、うち「パート」は13.8%(前回11.4%)、女では「正社員以外の労働者」は54.4%(前回52.5%)、うち「パート」は45.9%(前回46.2%)となっており、男でいずれも上昇している。
 
また、「正社員以外の労働者」の性別の割合をみると、「パート」は男で29.8%(前回26.0%)、女で70.2%(前回74.0%)となっている。

II パートの状況

1 属性

(1)年齢階級

年齢階級別のパートの割合をみると、「60~64歳」が12.9%(前回9.7%)と最も高い割合となっており、次いで「50~54歳」11.7%(前回11.5%)、「45~49歳」11.3%(前回10.4%)の順となっている。
 
男女別にみると、男では60歳以上が、女では40~54歳が他の年齢階級に比べ高い割合となっている。

(2)配偶者の有無

配偶者の有無別のパートの割合について男女別にみると、男では「配偶者がいる」が54.5%(前回42.1%)、「配偶者がいない」が44.9%(前回57.9%)、女ではそれぞれ73.1%(前回76.5%)、26.8%(前回23.5%)となっている。
 
年齢階級別にみると、男では45歳未満で、女では30歳未満で「配偶者がいない」パートの割合がそれぞれ5割を超えている。

(3)正社員の経験の有無【新規調査項目】

正社員として働いた経験の有無別のパートの割合をみると、「経験がある」が75.3%、「経験はない」が23.8%となっている。
 
男女別にみると、正社員として働いた「経験がある」割合は、男では66.0%、女では79.3%となっている。
 
年齢階級別にみると、正社員として働いた「経験がある」割合は35歳以上で8割を超えている。

(4)主な収入源

主な収入源別のパートの割合について男女別にみると、男では「主に自分の収入で暮らしている」61.4%が、女では「主に配偶者の収入で暮らしている」68.6%が最も高い割合となっている。
 
年齢階級別にみると、男では30歳以上で「主に自分の収入で暮らしている」が、女では25歳以上で「主に配偶者の収入で暮らしている」がそれぞれ最も高い割合となっており、それ以下の年齢階級では男女ともに「主に親の収入で暮らしている」が最も高い割合となっている。
 
配偶者の有無別にみると、配偶者がいるパートでは、男は「主に自分の収入で暮らしている」82.9%が最も高い割合となっているのに対し、女は「主に配偶者の収入で暮らしている」93.9%が最も高い割合となっている。

また、配偶者がいないパートでは、男は「主に親の収入で暮らしている」56.5%が最も高い割合となっているのに対し、女は「主に自分の収入で暮らしている」51.0%が最も高い割合となっている。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。