パンダが竹だけで生きていけるメカニズムが解明された

パンダ
パンダが元々は肉食だったことは、腸管の構造から ほぼ確実です。

しかし、何らかの原因で、本来の生息地を追われて高緯度地域に移動し(人類の祖先がパンダ本来の生息地に侵入して、パンダを追い出したという説が有力)、そこで竹や笹という新たな食料に適応したとされています。




高緯度地域にはエサとなる動物が少ないため、動物以外のものを食物にするしかなかったからです。

しかし、他の哺乳類同様、パンダは竹(セルロース)を分解する酵素を持っていないため、以前から「竹を消化することが出来ないのに、なぜ竹だけ食べて生きていけるのか」は長らく謎とされてきました。

その謎が解明されたのは、ここ数年のことです。

パンダの消化管内から、他の草食動物の腸管内に生息しているのと同じセルロース分解菌が発見され、タケ食で生きていけるメカニズムが解明されたのです。

ちなみに、パンダの腸管内の細菌のうち、13種類は、すでに知られているセルロース分解菌ですが、7種はパンダに特有の細菌と報告されています。

しかし、本来肉食である動物が、竹のみを食べる生活に簡単に切り替えられるのでしょうか。

肉食動物の腸管に、肉食動物とは無縁のセルロース分解菌が、そんなに都合よく住み着いてくれるものでしょうか。

こういうことを考える時、私たちはともすれば「進化とは数万年、数十万年かけて起こるものだ。パンダだって数万年かけて竹のみを食べる生活に適応したのだろう」と考えがちです。

ですが、人間に追われて高緯度地域に避難したパンダにとって、今日明日、食物にありつけるかどうかは生死を分ける問題なのです。

何かを食べて栄養を摂らなければ、数日後には確実に餓死するしかないのです。

数万年かけてタケ食に適応すればいい、というのは机上の空論で、獲物を見つけられない肉食パンダにとっては、数日以内に竹を食べて栄養を得なければ死が待っているのです。

しかし、肉しか食べていなかったパンダが竹を食べたところで、それを消化も吸収も出来ず、これまた死を免(まぬが)れることは出来ません。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。