IMFの年次審査報告書が消費税15%を提言する理由

消費税15%
8月5日に国際通貨基金(IMF)が年次審査報告書を公表しました。

年次審査報告書では安部政権の経済政策であるアベノミクスについて「前例のない金融緩和と積極的な財政出動の組み合わせによって、景気は力強く改善している」と概ね評価する内容となっています。
続きを読む

カテゴリー: 日本経済 | コメントする

外貨準備の大半をドルで保有する中国と日本のリスク

米国債
アジア諸国は1997年の危機を教訓に、市場の不安定化を鎮める武器として外貨準備を競って積み上げ、今では7兆ドル(約691兆円)近い外貨準備の大半をドルで保有しています。
続きを読む

カテゴリー: 国債 | コメントする

減り続ける労働者で危ぶまれる欧州の年金制度

欧州経済
スペインでは、景気後退(リセッション)に陥って以降、300万人以上が失業したことで年金保険料の納付が滞りました。
続きを読む

カテゴリー: 欧州経済 | コメントする

7月の米雇用統計発表。量的緩和の縮小は先送りか?

米雇用統計
アメリカ合衆国の労働省は8月2日、7月の雇用統計を発表し、非農業部門就労者数は前月比16万2000人増と、3月以来最も低い伸びでした。
続きを読む

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

アベノミクスにも警告! IMFの「世界経済リスク報告」

アベノミクス
国際通貨基金(IMF)は8月1日、世界経済のリスクに関する年次評価報告書を発表し「日本が財政刺激策を講じても、改革を実施しないために成長が加速せずアベノミクスが機能しなければ、深刻な事態になるだろう」と警告しました。
続きを読む

カテゴリー: 世界経済 | コメントする