日本の財政が危機的な状況でも国債が売れている理由

日本国債
国債は市場で流通していて、そこで売買されていますので、国債を購入する人は投資対象として国債を購入しており、国にお金を貸しているという意識は希薄です。

続きを読む

カテゴリー: 国債 | コメントする

1997年以降に加速した公債残高

公債残高
建設される公共施設は後世にも残って国民に利用されるため、その経費を調達する建設国債は、国会の議決を経た金額の範囲内で発行できます。

続きを読む

カテゴリー: 財政問題 | コメントする

普通国債の種類について

普通国債の種類
日本の財政は、1970年代以前から歳出が税収を上回る赤字の状態が続いていたのですが、それでもバブル期までは税収も右肩上がりで伸びていましたので、毎年の借金は今と比べますと非常に低い水準に留まっていました。

続きを読む

カテゴリー: 財政問題 | コメントする

日本の財政を家計に置き換えてみたら・・・

日本の財政赤字
財政とは簡単に言うと「国や地方公共団体がお金を集めたり、使ったりする経済活動」のことです。

このお金の使い方は、大きく次の2つに分かれます。

続きを読む

カテゴリー: 財政問題 | コメントする

平成23年パートタイム労働者総合実態調査の概況:個人調査 (3)

パートタイマー労働
3 仕事についての考え方

(1)働いている理由

働いている理由別のパートの割合(複数回答)をみると、「主たる稼ぎ手ではないが何らかの家計の足しにするため」が56.0%と最も高い割合となっており、次いで「生きがい・社会参加のため」31.3%、「自分の学費や娯楽費を稼ぐため」27.7%、「家計の主たる稼ぎ手として、生活を維持するため」26.2%の順となっている。

続きを読む

カテゴリー: 社会問題 | コメントする