「財政危機」と「財政破綻」の違いについて

財政破綻
財政危機は、国の財政状況が悪化し、国の信用度が下がることによって起きます。

国の信用度が下がると、その国が発行する国債は、それまでどおりの金利では購入してもらえなくなるので金利が上昇します。

続きを読む

カテゴリー: 財政問題 | コメントする

もし北京の土地を全て売れば、アメリカの1年間のGDPを超える計算になる

北京
中国では最高価格を打ち立てた不動産物件を「地王(ちおう)」と呼びます。

2013年に入ってから、 「地王」争いは各地で展開し、北京の最新地王は、楼面(ろうめん)単価が1平方メートル当たり4.4万元(およそ70万円)に達しています。

続きを読む

カテゴリー: 中国経済 | コメントする

良い金利上昇なのか悪い金利上昇なのか見極めが大事

長期金利
日本の借金は年々増えて、いまでは債務残高が約750兆円になっています。

このように借金が積みあがれば利払い費も増えてしまうように感じられますが、金利が下がっていていますので、1980年代の半ばから横ばいで推移し、1990年代後半から2000年代半ばにかけては減少しています。

続きを読む

カテゴリー: 日本経済 | コメントする

国債急落のリスクを警戒して消費増税実施を訴える黒田日銀総裁

黒田日銀総裁
日銀は物価安定目標を達成するために大量の国債を買い入れ「日本国債を121兆円持つ最大の保有者」になりました。

続きを読む

カテゴリー: 財政問題 | コメントする

1964年の東京オリンピック開催が初めての国債発行につながった

1964年東京オリンピック
2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催されます。

東京でのオリンピック開催については、その経済効果と財政負担をめぐって賛否両論があります。

続きを読む

カテゴリー: 国債 | コメントする