「マジで!?」は人の目を奪う

「驚きの事実型」は「興味はあるけど知らなかったこと」「予想とは逆のこと」「予想以上のこと」など、人が驚くような事実を伝えるキャッチコピーです。

東京タワーは、米軍の戦車からつくられた。

こちらは東京都の「東京遺産」シリーズのポスターのキャッチコピーです。1958年に建てられた東京タワー。その建設には鉄が大量に必要でしたが、当時の日本は製鉄技術が発達していませんでした。そこで3000トン(約90台分)以上のアメリカ軍の戦車を溶かして、その鉄をタワーの一部に使ったそうです。ちなみに その戦車は、朝鮮戦争に使われたものだったとのこと。

他にもシリーズで、

丸の内中央口は、皇室専用でした。(東京駅バージョン)

交差点を見るために、日本にやってくる外国人がいる。(渋谷スクランブル交差点バージョン)

などもあります。誰もが知っている東京の、意外と知られていない事実がキャッチコピーになっているので、ついつい見てしまいますね。
「人が驚くような事実を伝えるキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

中学校の英語で習う比較級「more~than~」。これはキャッチコピーでも読み手を説得するのに有効な表現のひとつです。

「more型」は、比較級「~より~だ」という形式のキャッチコピーです。2つのことを比較するので、読み手も状況やメリットを具体的にイメージしやすくなります。

  • 人を動かす仕事より、手を動かす仕事がいい。
  • ゴキブリより今怖いのは、ホウレイ線です。
  • 肌は、私が見るより、誰かが見る時間のほうが長い。
  • 傷つかない生き方よりも、再生するつよさが欲しい。
  • 若くみせるより、美しくみせる。
  • 朝食抜きより、朝食手抜き。
  • 寝不足より、悪口より、退屈がわたしをブスにする。
  • 好みのタイプより、嫌いなタイプを聞いた方が、会話は盛り上がる。
  • 学校で学ぶことより、嫌いなタイプを聞いた方が、会話は盛り上がる。
  • 学校で学ぶことより、一人暮らしで学ぶことのほうが、多いかもしれないね。
  • 婚活より、一人暮らししたほうが、結婚に近づける気がする。
  • 昔の彼女を検索するより、未来の彼女を探しましょう。
  • 素振りより、空振りのほうがたのしい。
  • オオカミより恐ろしいのは、天敵をなくしたシカでした。
  • 美人よりも、美しい人になってください。
  • お金は、儲けるより使うほうが、ほんとうは難しい。
  • 細いより、凝らない身体がほしくなったら、オトナだ。
  • 行きつけというより、かかりつけだなぁ。バーの場合は。
  • バーゲンより、バケン。
  • 景気より天気と生きる。
  • 上司に近づくより、世界に近づいた方が、出世が近いかも。
  • 答えをおぼえる勉強より、問題をさがす勉強。
  • 憧れるのは、社長より、車掌。

「more型 比較級「~より~だ」形式のキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

【A=B型】

  • スキンケアって、メンタルケアかも。
  • 目の大きさは、黒目の大きさでした。
  • ローンを払い終える頃は、修繕費のかかってくる頃でもある。
  • 旨いもんが多い街は、洗いもんが多い街。
  • 売ったらおしまいでは、不動産会社もおしまいです。
  • カラダにいい料理は、すぐにお腹が空く料理です。
  • 就活生に言う御社のイメージは広告のイメージだったりする。
  • 音の合う奴は、気の合う奴だ。
  • 私の好きな人しか知らない服。それが、家で着る服。
  • いま、生きている人を守ることは、まだ、生まれていない人を守ることです。

【A=B?型】

  • 安い!は、ダサい!か。
  • 昇進は、前進か。

【AorB?型】

  • いま間違えるか。本番で間違えるか。
  • 嫉妬するか。所有するか。
  • 挑戦する人か、人の挑戦にあれこれ言う人か。

「「AとBが同じである」という気づきを与えるキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

私は毎日、朝食を作りながら日テレの「ZIP!」を見ているのですが、今朝、6時35分過ぎに“ショウビズ ラビット”のコーナーで流れたテロップに驚いて、フライパンにかけた火を止め、テレビの前に釘付けになりました。そのテロップとは・・・

RADWIMPS 野田洋次郎が惚れ込んだ声「さユり」さん。自ら作詞作曲する彼女の魅力に迫る!


「RADWIMPS 野田洋次郎が惚れ込んだ「フラレガイガール」さユり」の続きを読む »

トレンドニュース

中国の金融資本市場でまた一つバブルがはじけました。昨年夏の上海株暴落に対し、今回の主役は債券です。およそ3年も上昇続きだった中国の国債相場が足元で急落に転じています。米国の利上げなど外部要因も大きいのですが、ある中堅証券会社の元社員による不正取引と損失の露見が、崩落に拍車をかけました。中国当局の「バブル退治」の動き次第では、市場にさらなるショックが走る可能性があります。
「中国、国債バブルついに崩壊か 不正取引が混乱加速」の続きを読む »

アジア経済