アウトソーシングとアウトタスキングの違いとは?

アウトソーシング
オンラインで成功するには、効果的なアウトソーシングの方法を知らなければなりません。

大半の人はアウトソーシングをするときに、「どうすれば、最も安くやってくれるだろうか?」と考えます。

最も安い選択肢はベストな選択肢ではありえません。

安い選択肢は、思うよりも高いコストが付くものです。




「どうすれば、最も安くやってくれるだろうか?」と考えるときは、アウトタスキングのアプローチを取っています。

そのときの意識は、「どのようにして その作業をやるか?」です。

このアプローチを取ると、必要な作業が発生するたびに、そのプロセスを繰り返さなければなりません。

私はこれをアウトソーシング・ターンオーバーと呼んでいます。

人を探して、選択することにたくさんの時間を掛けすぎ、結果的に非常に高く付いてしまいます。

さらに悪いことに、新しいアウトソーシング先に依頼するたびに、前にやってもらったアウトソーシング先よりも質が下がるというリスクが発生します。

アウトソーシングとは、あなたが持っていない専門知識を持っている人たちと、長期的な関係を築くことを意味します。

より優れた考え方は、「どのようにして、長期的に○○をやってくれる人たちとの関係を保つか?」です。

このアプローチによって、あなたはプロフェッショナルな個人とチームを組み、次なるビジネスの勝利に向けて進んでいけます。

これを繰り返せば、彼らとより上手く働けるようになり、あなたの会社は利益を獲得できます。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。