大島優子がAKB48卒業時期について発言

大島優子
昨年12月31日から今年1月1日にかけてTBSで放送された「カウントダウンTVスペシャル!年越しプレミアライブ2013→2014」にて、




AKB48が「涙サプライズ!」を披露した後のトークで、卒業への決意を聞かれた大島優子さんは「まあ、あの、前々から考えてはいたんですけど、タイミングというものをずっと見ていて、AKB48もどんどん大きくなっていって、そして姉妹グループもすごく勢いをつけてきて、今かなって。私は今、巣立つ時かなって思いまして、それで発表させていただきました」と発言しました。

続けて、「今年中の卒業を決意、ということでよろしいんでしょうか?」と聞かれた大島優子さんは、「はい、え?ん?あの、こと・・・?う、発表はあの・・・あ、そうだ」と年が明けて”昨年”が”今年”になったことに混乱しながらも、その後ははっきりと、「はいそうです、2014年。今年中に、はい」と発言しました。

AKB48総合プロデューサーの秋元康氏は「大島優子の卒業時期は第二の大島優子が育った時」と考えているようですが、AKB運営が前田敦子の代役候補として島崎遥香を積極的に売り出しているものの、彼女はまだまだ存在感が弱く、第二の大島優子には育っていません。

島崎遥香の他には不動のセンター候補として、松井珠理奈や渡辺麻友が挙げられますが、松井珠理奈に関しては体調面での不安があります。

渡辺麻友はアイドル色が強すぎて、泥臭さを感じさせませんので、AKBの象徴としては考えにくいです。

大島優子は器用でAKBの中では芸達者な方ですが、グループを象徴するようなオリジナルの存在感が感じられず、不動のセンターというよりは、臨機応変に周りをサポートするようなイメージですので、前田敦子の卒業よりもスムーズに進む可能性もあります。

大島優子は子役時代から芸能活動は行っていたものの、前田敦子に比べると、女優としての経験が乏しく、十分な実績があるとは言えませんので、女優としての実績を増やしたいと考えているはずです。

AKBの肩書きに頼らなくても1人の女優として成功する自信と確信が持てた際はAKB運営や秋元氏の事情とは関係なく卒業するでしょう。

大島優子が公式ブログで卒業発表の理由について語る

明けましておめでとうございます

2013年最後に突然の
卒業発表で驚かしてしまいましたね

私たちAKB48にとって
紅白歌合戦というのは
秋葉原発のアイドルグループとして
エーケービー48ではなく
アキハバラ48と呼ばれている当初から
憧れであり、とても大切で思い出が
詰まっている場所です

そんな大切な場所に、
そして大切な場所から、
きちんとお別れしたいと思い
紅白歌合戦での卒業発表をさせていただきました

AKBを卒業したら
紅白に出させていただくチャンスは
無いでしょう。

もしそのチャンスがあったとしたなら、
しっかりと卒業後の自分の夢を
積み重ねた時ですね

いつの日か、女優•大島優子として
審査員席に
呼ばれるように…

まだ卒業の時期もはっきりしていないので
決まり次第、すぐに報告します!

紅白歌合戦ありがとうございました

それと
早くファンのみなさんの顔が見たい
会いたいです

AKBのステージに立っている大島優子が好き
メンバーと楽しそうに過ごしている大島優子が好き

と、言ってくれる方がいるのは
十分にわかっています

ですが、次のステップへ進みたいと
強く思うようになりました
AKBに可能性がないわけではなく
AKBにいる私が進めるのは
ここまでのステップまでで

次を担うメンバーに
明け渡すことが
私の役目でもあると。

これまでに
卒業していったメンバーは
たくさんいます

それぞれがそれぞれのタイミングで
AKBのことを考えて
自分のことと照らし合わせて
卒業をしていきました

私の中で一番心にとどめているのは

楽な道と苦しい道が二択あるとしたら、苦しい道を行け

茨の道を選ぶんだ

これは秋元先生がおっしゃった言葉です

団体で勝負をしてきた私たちにとって
一人の道は茨の道です

今まで卒業していったメンバーの
覚悟を
私も決めました

環境が変わっても、
信念や想いは変わらずに
新しいステージへと進んで行きたいと思いますので

どうか、

よければ、

これからも

応援よろしくおねがいします!!

AKB48大島優子、卒業は国立公演&「感謝祭」も開催予定

AKB48が1月27日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて「AKB48ユニット祭り 2014」を開催。

このライブ中に、大島優子が3月29、30日に開催される東京・国立競技場公演をもってグループを卒業することが発表されました。

大島はアンコールで卒業日が決定したことを報告。

また正式に決定はしていないと前置きした上で、「大島優子感謝祭」と銘打ったファンイベントを開催することを告知し、「ちゃんと卒業するのであれば、1人ひとりに感謝の気持ちを、“ありがとう”という気持ちをお伝えしたいと思いまして」「そこでみなさんとコミュニケーションをとって卒業させていただければと思います!」と笑顔で語りました。

なお1月27日の「ユニット祭り」には、ノースリーブス、Not yet、フレンチ・キス、渡り廊下走り隊などさまざまなユニットが登場したほか、岩佐美咲、柏木由紀、指原莉乃、松村香織がソロパフォーマンスを展開。

最新アルバム「次の足跡」に収録されている「10クローネとパン」「ボーイハントの方法 教えます」「シャワーの後だから」「JJに借りたもの」なども披露され、来場した2000人のオーディエンスを熱狂させました。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。