今世紀末までに地球の気温は0.3度から最大で4.8度上昇すると国連が予測

地球温暖化
国連(UN)の「気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)」は9月27日、地球温暖化の原因は人間の活動にあり、今世紀末までに地球の気温は0.3度から最大で4.8度上昇すると予測する第5次評価報告書を発表しました。




IPCC報告書

2007年にノーベル平和賞を受賞しているIPCCの作業部会は3つあり、今回の第1作業部会による報告書の要約によると、海面は2100年までに26~82センチ上昇します。

また過去60年における温暖化の要因は半分以上が人間の活動にある可能性については、95%以上の確率を示す「極めて高い」との表現を用いました。

2007年発表の前回報告書では、同じ項目について90%の確率としていました。

 
地球温暖化の現状と影響を考察する報告書は、全3部をまとめる予定で、27日発表のものは、その第1部です。

 
IPCCは25年前の創設から、これまでに4回、温暖化の評価報告書を発表し、どの報告書でも気温上昇や、これに伴う干ばつや洪水、暴風雨、海面上昇など気候システム異常の増加に対する警告を、強く訴えてきました。

 
2100年の予測数値は、温室効果ガスの動向を算出するコンピューターモデルを基としています。

温室効果ガスの要因は、今日の主要エネルギー供給源である石炭、石油、ガスなどです。

 
IPCCがまとめた4つの予測シナリオのうち、最も楽観的な数字は2100年までの気温上昇を2000年時との比較で平均1度、最低で0.3度、最大で1.7度としています。

産業革命初期からの気温上昇を2度未満とした国連の長期目標数値を満たす唯一のシナリオです。

 
温暖化の影響を最も大きく見積もったシナリオは、今世紀末までの気温の上昇が平均3.7度、最低でも2.6度、最大で4.8度と予測していますが、これは環境専門家の多くが壊滅的と予想する数字です。

2013年7月3日、世界気象機関(WMO)は「2001~2010年の10年間は1901年以降でもっとも異常気象災害の多い10年だった」と発表しました。

WMO の報告書では1901年以降の世界各地の信頼できる観測データを分析しています。

地球表面の平均気温は2001~2010年が14.5℃で、前の10年(1991~2000年)より0.2℃高く、100年前(1901~2010年)より0.9℃上昇しました。

陸地の気温とともに海水表面の水温も2001~2010年が最も高くなりました。

 
気温、海水温の上昇と関連すると考えられる熱波、洪水、台風、サイクロン、高潮などの被害が増え、異常気象災害による死者が20%も増えました。

注目すべきなのは台風、サイクロン、洪水の頻度は増えたのに、これらによる死者数は減っていることです。

災害頻度とともに死者が増えているのは熱波と異常低温です。

とくに熱波による死者は前10年比で23倍も増えています。

 
WMO の報告書では洪水、サイクロンなどによる死者が減ったのは予報精度の向上で住民が避難できたためとあります。

逆に言えば熱波、高温はたとえ正確に予測できても、避難する場所もなく難を逃れることはできないと言うことで、将来が悲観されるレポートです。

今年の夏は地球温暖化と関連する異常気象現象増加の報道が相次ぎました。

以下、新聞に掲載された記事タイトルです。

「地球表面の平均気温、過去10年で最も高く、世界気象機関」(読売新聞、2013年7月4日)

「猛暑日日数、40~50年で3倍に、気象庁」(朝日新聞、7月11日)

「世界各地で豪雨、大洪水相次ぐ、日英研究グループ」(共同通信、7月18日)

「今世紀末、日本各地で大雨の頻度増加、防災科学技術研究所」(毎日新聞、7月19日)

「2050年に北極海の海氷消滅、大気循環変わり日本も異常気象頻発、米中研究チーム」(毎日新聞、7月20日)

「気象庁が特別警報の目安発表、50年に一度のレベル、8月30日から運用開始」(共同通信、7月31日)

「異常気象で内戦や部族紛争多発 米国カリフォルニア大 過去1万年のデータ分析」(共同通信、8月2日)

温暖化、暑い夏、異常気象災害の多発はこれからずっと続きます。

熱波、猛暑は避けて通ることはできませんし、先送りにすることもできないのですから、想定される問題点をすべてとり出し、対策を準備しなければなりません。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。