地球温暖化が最も進んだ場合、今世紀末に日本の気温は最大6度上昇

地球温暖化
世界全体の温室効果ガスの排出量がこのまま増えると、日本の平均気温は今世紀末には3.5~6.4度上昇するという報告書を、環境省の研究プロジェクトチームが3月17日公表しました。




北海道を除くほとんどの地域が亜熱帯化し、洪水被害額は3倍、熱中症などで死亡するリスクも2倍以上になる可能性があるといいます。

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が昨年9月に公表した最新シナリオをもとに影響を計算し、気候、水資源、沿岸・防災、生態系、農業、健康の各分野で1981~2000年の平均値と比較しました。

IPCCによると、地球温暖化が最も進んだ場合、世界の平均気温は1986~2005年の平均と比べて2.6~4.8度上がると予測されています。

今回の報告書では、日本の温度上昇はそれより高くなるという結果になりました。

報告書によりますと、温室効果ガス排出量がこのまま増えた場合、今世紀末に降雨量は9~16%増えます。

海面は最大63センチ上昇し、砂浜の8割が失われます。

洪水被害は年間で最大4809億円増えます。

熱中症などによる死者は現在の推定3千人から倍増します。

北日本ではデング熱などの感染症リスクが新たに生まれます。

一方、世界で温室効果ガスの厳しい削減策が取られた場合、気温上昇は1.0~2.8度に抑えられます。

研究チームは被害を軽減する適応策の重要性を強調します。

洪水対策には、治水施設の有効活用や早期警戒システムの構築などが挙げられます。

治水レベルを「70年に1度」の洪水に耐えられるまでに上げれば、現在よりも被害額が減ると試算しています。

熱中症対策には緑地・街路樹の整備、廃熱を減らす省エネビルへの建て替えなどがあります。

3月25日から横浜市で始まるIPCC作業部会では、地球温暖化の世界規模の影響と、適応策に関する報告書がまとまります。

環境省は来年夏をめどに政府全体の「適応計画」を作る予定で、研究チームやIPCCの報告書の内容も反映します。

地球温暖化で予測される日本への影響

  • 気温 3.5~6.4度上昇
  • 降雨量 9~16%増加
  • 海面上昇 60~63センチ
  • 洪水被害額 年間2416億~4809億円増加
  • 高潮被害額 年間2526億~2592億円増加
  • 砂浜 83~85%消失
  • 森林 ハイマツの生息地域が東北でほぼ消滅
  • コメ 収量は大きな変化がないが、生産地が北上
  • 温州ミカン 関東以西の太平洋側で適地が半減
  • 熱中症などによる死亡 すべての年代で2倍以上に

※環境省プロジェクトチームの報告書から。温室効果ガス排出量がこのまま増えた場合


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。