ノンシリコンシャンプー
シャンプーの成分としての「シリコン」は、厳密にはシリコーンオイルといいます。

中心となる構成元素であるシリコン(silicon)を含む油状物質で、英語では silicone と書くため、シリコーンオイルないしはシリコーンというのが正確な呼び名です。

ただ、本記事では、便宜上シリコンと呼ぶことにします。

最近のシャンプーコーナーに行くと、ノンシリコンシャンプーが一角を占拠し、さもノンシリコンがブームのように思わせられます。

そして宣伝ポップでは、シリコンを配合していないことを強調しています。

他の棚の商品はシリコン入り、この棚のは入っていませんよ、と。

なんだかシリコン入りのシャンプーは頭皮や毛髪に悪く、シリコンなしは正義といわんばかりです。

しかし、商品説明のどこを見渡しても「シリコンは悪いです」とは書いてありません。

それもそのはず、シリコンは無害です。

まず、アレルギーすら起こしません。

この点では、界面活性剤など他のシャンプーの成分で、シリコンより刺激がないものは存在しません。

油と界面活性剤で刺激性を比べるのはナンセンスですが、少なくとも皮膚刺激性はありません。

それでは、シリコンが皮膚にくまなく広がって呼吸を妨げたり、皮脂の代謝を邪魔したりすることはあるのでしょうか?

まず、人間は皮膚で呼吸していません。

これは医学では当たり前のことなのですが、なぜか皮膚呼吸をしていると信じている人が多いのです。

もっとも、皮膚を覆ってしまって、皮膚の常在菌が窒息死してしまうとすれば問題です。

彼らの大半は酸素を好む好気性細菌であり、酸素をある程度取り込まないと死んでしまったり、皮膚に害のある成分を生み出したりします。

しかし、その点も問題ありません。

シリコンは皮膚の上では細かな網目状に広がっており、完全に覆っているわけではないからです。

では毛穴に詰まって、正常な代謝を阻害するのでしょうか? 

それについても、多くの実験により無関係とされています。

一部で「有害だ」と叫ぶ人もいるかもしれませんが、十数年前の論文から最近の論文まで論調は変わらず、医学者や生理学者の多数決では「無害」となっています。

そもそも豆腐の剥離剤にも使われていますし、創傷治療に傷口に高粘度のシリコンを使うことがあるくらい人体に無害です。

しかし、シリコンも万能ではなく、ただひとつ問題点があります。

同時に利点でもあるのですが、シリコンは油にも水にも馴染まない、人間にとっては、ただ安定して乗っかるだけの物質です。

かつてシリコンの安定性、人体への親和性の高さなどを過信し、あらゆる化粧品からシャンプーまで必要以上に配合された時期がありました。

その当時は、シリコンの製法が安定していなかったために不純物が入ったり、シリコンに別の成分が溶け込み、それが皮膚に定着して刺激が強まるなど、シリコンが直接原因ではないものの、シリコンが悪いという風潮になったことがあったそうです。

水にも油にも溶けない上に、界面活性剤にも強いため、落とす場合には専用クレンザーを使わなければいけないのですが、現在はシリコン系の化粧品などには専用のクレンザー(化粧品落とし)が売られているので、そういったものを使えば、トラブルは極めて少なくなっています。

ちなみにシリコンは、シャンプーに使われるあらゆる成分の中で、最も高額な素材だったりします。

1kg当たりの値段で比較すると、植物油は200〜300円程度、ラウリル硫酸塩やラウレス硫酸塩なども300〜400円以下ですが、シリコンは4000円前後もします。

故に、安物商品ほどシリコンを入れると原価率が上がってしまうので、シリコンを悪者にしたいという誰かの思惑が見え隠れします。

実際に、美容院などで使われるコンディショナーには、うまくコントロールされた粘度のシリコーンオイルが多く入っており、お値段も相応にしますが、ドラッグストアで売っている安物製品に比べ、髪の毛が驚くほどしっとりするのは、ご存じのとおりです。

高い=良いという短絡的な話ではありませんが、プロが愛用するようなきちんとした商品ほど、シリコンの特性をしっかり生かし、シリコンが多く含まれています。

ちなみに、私はクセ毛をまとめるために、シリコンを粘度別に4種類仕入れ、それを自分用に配合して使っていますが、頭皮にダメージらしいダメージはありません。

だから誰にも安全とはいいませんが、少なくともそれほど気にする成分ではないというのは、私だけでなく、多くの実験が物語っています。

それでは、実際にノンシリコンシャンプーを化学の視点で考察していきます。
 
医薬用部外品ではないこれらの商品には、原材料が配合量の多い順に書いてありますので正体がよくわかります。

全体の数十%を占める水は材料の筆頭になるわけですが、水はさておき、そのほかの成分を見ていきましょう。

数社のノンシリコン商品の成分欄を精査したところ、ノンシリコンを謳う商品には、ラウレス硫酸○○○やラウリル硫酸○○○、もしくは○○○スルホン酸ナトリウムというものが、だいたい筆頭成分として書かれています。

これらは代表的な石油系合成界面活性成分で、食器用洗剤にもよく使われている、非常に安い界面活性剤です。

他の棚に並んでいる安い製品と何ら変わらないものが使われているのです。

別段悪いシロモノではありませんが、女性なら25歳、男性なら30歳を超えた皮脂の分泌力の弱まった頭皮には、少々脱脂力が強すぎることが多く、長期の必要には注意が必要です。

そして、いくつかの成分の後、コカミドプロピルベタインやエデト酸、コカミドMEAやコカミドDEAが含まれているのが特徴としてあるようです。

コカミドプロピルベタインは、ヤシ油などが原料の界面活性剤です。

アミノ酸系ではありませんが、低刺激で発泡性もよく、優秀な成分ですが、やや高額です。

一部アミノ酸系シャンプーにも使われることもあります。

これらの成分が、先述の界面活性剤の強すぎる作用をマイルドにしてくれるなどの働きをしてくれるならよいのですが、残念ながら明らかに添加量の少ないはずの植物の抽出エキスより順番が下なので、シャンプーの主成分というよりも液に適度な粘性を持たせるために使われていると思われます。

なんとも拍子抜けです。

あとは、ひまし油やコーン油などの植物油や、クエン酸やサリチル酸などを入れて洗い上がりのキシキシした感じを緩和するくらいで、これまた安い他の製品と変わりません。

ちなみに、植物エキスの効果は、正直なんともいえず、人によっては体質に合うかどうかわからないので、試してみるしかない…といったところです。

さて、こんな恥ずかしい成分表を晒しておきながら、パッケージに「天然由来の界面活性剤配合」だの「天然植物エキス配合」だのと好き勝手に書いて、他の商品とは違うんですといわんばかりの高価格設定(平均的シャンプーの倍以上)。

しかし、主成分は、安物となんら変わらないだけに苦しい売り文句です。

商品開発の現場の科学者も、会社の方針とはいえ、なかなかに微妙な気持ちで作っているのではないでしょうか。

さらに、近年増えてきている謎の売り文句の「無添加」ですが、こちらはノンシリコン以上にオカルトめいた存在です。

そもそも何が無添加なのかによって話が全く異なります。

一般的に消費者は、無添加というくらいなんだから、全て天然由来でつくられていて、防腐剤とか体に悪いものが一切入っていない、体に良い商品に違いない、と思うかもしれませんが、そもそも完全に自然からの抽出物で商品をつくったら、おそらく1本当たり1万円を下ることはないでしょう。

しかも、もっと根本的な話をすれば、「天然は安全、合成は危険」といっているようなものですが、果たしてそうなのでしょうか? 

森にひっそりと生えるドクツルタケは食べると死にますし、可憐なスズランやヒガンバナだって毒があります。

一方、石油由来の精製パラフィンは、鉱物油、ミネラルオイルといわれますが、あらゆる口紅はもちろん、傷口に塗る軟膏の基剤としても普通に使われています。

天然だから体に優しいというのは全く根拠がなく、詐欺師が「安全だよ」「大丈夫だよ」をしきりに連呼するのに近い狂気を感じます。

合成だろうが天然だろうが、毒にも薬にも無害無益にもなり得る。

とどのつまり、関係はありません。

言い方を変えれば、アミノ酸系シャンプーも石油系界面活性剤もシリコンでさえも、元をたどればすべて地球由来の天然素材からスタートしています。

石油だって「1億年の時をかけて磨かれた天然の石のしずく」とでも言えましょうか。

そんなの詭弁だと言われかねませんが、そんな詭弁級の出まかせがまかり通っているのが、天然信奉です。

さて、話がずれてしまいましたが、無添加という言葉は「何が」無添加なのかを見る基準でしかありません。

界面活性剤は天然には存在しません。

サポニンやレシチン、カゼインといった乳化成分はないわけではありませんが、洗浄作用はありません。

故に、シャンプーでは合成界面活性成分が必須となります。

中には、合成界面活性剤無添加、旧法定指定成分無添加、合成香料無添加のものが、異様な高額で売られていたりします。

だいたいそのような商品のWEBサイトには成分表示がなく、実際の商品を見てみると、セッケン水に流動パラフィン(指定成分ではないので表示義務はない)を混ぜたものという、確かに旧法定指定成分無添加、合成界面活性剤無添加ではあるが、原価は限りなくタダに近いものだったりします。

違法ではありませんが、あまり褒められた商売とは言えません。

結局、無添加を売りにする商品を鵜呑みにし、「値段が高いほど良いもの」と考えると、そこにつけ込まれてしまうわけです。

アミノ酸系シャンプーの代表的な成分、ココイルグルタミン酸TEA(トリエタノールアミン)などは、原材料としてはかなり高額な部類ですが、ボトル1本当たりの原価は200〜300円程度、それがおよそ10倍の2000円前後で、製品は取引されているのが実際です。

これが美容院などで使われているアミノ酸系シャンプー全般にいえる価格設定です。

ちなみに通常のシャンプーの原価も、製品の1/10程度ですから、アミノ酸系シャンプーがぼったくりをしているというわけではありません。

しかし、ノンシリコンシャンプーの価格設定はこれをはるかに上回っており、まさにぼったくりです。

200mlくらいの内容量で2000円前後。

シャンプーという商品をつくる上で最良の原価配合ですから、逆にいうとこれを大きく上回る価格は、何かしらの裏があるはずです。

その理由を正確に見抜くのはなかなか大変ですので、特段の事情がない限り、その辺りより下の価格帯でシャンプーを探してみてはいかがでしょうか?