マネタイゼーションとは何でしょうか?

日本銀行
財政が危機的な状態になると、国の信用度が下がり、国債の人気がガタ落ちになります。

これを放置しておくと金利が跳ね上がってしまうので、国としてはこれを見過ごすわけにはいきません。




そこで、中央銀行がお金を刷って、国から直接(市場を通さずに)国債を買うという行動に出ること、これをマネタイゼーションと呼びます。

この結果、日本で新しく発行される国債の約7割を日銀が購入することになり、「実質、日銀によるマネタイゼーションではないか?」という批判も現れました。

幸いなことに市場は比較的冷静で、今回の日銀による国債の大量購入も、あくまで「デフレ脱却に向けた金融措置」と受け止められ、国債利回りの急騰などの大きな混乱は生じていません。

しかし、今後さらに購入割合を増やすなどの措置に出た場合、いよいよ日銀によるマネタイゼーションであると市場が反応する可能性はなきにしもあらずなので、十分に注意が必要なことには間違いありません。


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。