日本人の総人口は1億2643万4964人と5年連続で減少 首都圏への一極集中が続く

東京
総務省が6月25日に発表した住民基本台帳に基づく1月1日時点の人口動態調査によりますと、日本人の総人口は1億2643万4964人と5年連続で減少しました。




東京、名古屋、関西の三大都市圏の人口は全体の50.93%と過去最高を更新。

特に東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の人口は初めて3500万人を超え、総人口が減少傾向にある中、首都圏への一極集中が続く現状が浮き彫りとなりました。

住民基本台帳の人口は1月1日時点で住民票に記載している人数です。

総務省は2013年の調査までは3月31日時点の数値を公表していましたが、年度末は転勤や進学などに伴う人口移動が多いという理由で、今年から調査期日を1月1日に変更しました。

日本人の総人口は前年より24万3684人減りました。

死亡数が出生数を上回る自然減が7年連続の23万7450人で過去最大を更新。

出生数は103万388人で微増しましたが、死亡者数が126万7838人と過去最高を更新したことが響きました。

三大都市圏の総人口は6439万4619人。

東京圏の人口は3505万7747人で、総人口に占める割合(27.73%)とともに過去最高を更新しました。

一方で名古屋圏(愛知県、岐阜県、三重県)と関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)では人口減が続いていて、首都圏への人口集中が加速しています。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。