会社や家庭以外に自分の居場所を作ることが有益な情報を得る秘訣

絆
日本では仕事以外の時間も仕事の関係に縛られることがしばしばあります。

このような絆のことをストロングタイズと呼びます。

ストロングタイズでは、狭い人間関係しか築けません。

これに対して、適度に顔を合わせる程度の人間関係をウィークタイズと呼びます。




1973年にスタンフォード大学のマーク・グラノヴェッターが論文の中で、転職する時に役に立った伝手(つて)を調査したところ、84%の人が「稀にしか顔を合わせない人(ウィークタイズ)の方が有益な情報をくれた」と書いています。

ストロングタイズは確かに安心感を与えてくれますが、真のビジネスチャンスは信頼によって繋がれた、ウィークタイズによってもたらされることが多いのもまた確かなことです。

では、なぜウィークタイズの方が有益な人間関係を築けるのでしょうか?

現代社会における複雑化した問題を解決していくには、様々な情報を取り入れながらより多くの視点からアプローチしていく必要があります。

ウィークタイズの人間関係で異なる環境、異なる考えを持つ人がいれば、自分と異なる人の視点を知ることが出来、異なる視点からのアプローチが容易になるのです。

また、身近な人には相談しにくいことも、ウィークタイズの関係であれば気軽に相談できたりします。

変に気負うこともなく相談し、異なる価値観に触れることが、解決の糸口とも成り得ます。

例えば、転職を考えた時、会社の上司や友人、家族に相談する人も多いでしょう。

しかし、身近な人に相談しても自分と似た世界で生きているので、そう変わった意見をもらえることは少ないこともあって、上手くいかないことも多いようです。

そんな時こそ、普段会わない友人に相談してみると、思わぬ発見があったりして、転職への見方が変わるかもしれません。

物やサービスが溢れている現代において、ビジネスの成功の鍵を握っているのは、新たな視点からのアプローチです。

そのためには、異なる環境や考えを取り入れやすい、ウィークタイズの人間関係が必要不可欠となります。

ウィークタイズを作るには、会社や家庭以外に自分の居場所を作ることです。

趣味のサークルや地域活動、異業種交流などでウィークタイズは形成されていくもの。

こういったウィークタイズの関係性は、SNSなどで弱い絆が作られやすくなった現代において、より重要な役割を果たしていくでしょう。

自分の見えている世界が一気に変わるかもしれません。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。