相手に失礼な年賀状の書き方をしていませんか?

年賀状のマナー
年賀状を書く季節になりましたね。

普段はメールやSNSで近況報告している間柄でも、お正月に届く年賀状での「ごあいさつ」は特別な喜びを感じるものです。

年賀状にもマナーがあることをご存知でしょうか?




年賀状に書いてはいけないNGワード

「A Happy New Year」

「A Happy New Year」を日本語に訳すと「楽しい新年」といった名詞的な意味になってしまいます。

文頭に不定冠詞の「A」がついているために、挨拶としての意味合いが薄れてしまうのです。

「おはよう」を英語で「A Good Morining」と言わないのと同じ。

「あけましておめでとう」なら「 Happy New Year」と文頭の「A」を省きましょう。

(目上の方宛に)「賀正」「迎春」「賀春」「頌春」

2文字の賀詞(新年を祝う言葉)は、正式な言葉ではなく略語ですから、目上の人へ年賀状を送るときには「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」などの4 文字からなる賀詞を使いましょう。

句読点「。」「、」

年賀状のような儀礼的な文書には「途切れずに滞りなく流れるように」とか「文章を読みやすくするための”補助”的な用法なので、失礼に当たる」などの理由で句読点(「。」と「、」)を使わないという慣例があります。

「去年はお世話になりました」

「去」という字は「死去(しきょ)」という使い方をする「死を連想させる忌み言葉」ですので、年賀状という「おめでたい文書」では使うべきではありません。

どうしても去年のことが書きたい場合は、「昨年」や「旧年」と言い換えましょう。

「新年あけましておめでとうございます」

「新年あけましておめでとうございます」は、新しい年を意味する「新年」と年が明けて新しい年の到来を意味する「あけまして」で意味が重複しているため、文法的に誤りとされています。

「『新年が明ける』は変化の結果に注目していうものなので間違いではない」らしいのですが、一般的には重複表現であるという意識が強いので使わない方がベターです。

使い方によって誤りになるNG表現

「謹賀新年 あけましておめでとうございます。」

「年が明けておめでたい」という気持ちを重複してしまうので気をつけましょう。

新年の祝言葉である「賀詞」の意味

・賀正・・・正月を祝う
・賀春・・・新年を祝う
・頌春(しょうしゅん)・・・新年をたたえる
・迎春・・・新年を迎える
・謹賀新年・・・謹んで新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春・・・うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます

「春」は「新年や年の初め」を意味し、「賀」は「祝い」という意味になります。

相手を選ばずに使えるとされている「賀詞」

・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・Happy New Year

「横文字」だと軽い印象を与えてしまいますので、目上の人やビジネスの取引先には「Happy New Year」以外から選ぶのが無難です。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。