汗をかく季節の「塩分摂り過ぎ」と夏太りの原因 「ソーメン、スイカ、不眠」に要注意!

夏太りの原因
暑さで食欲が湧かないという人も「ソーメンなら喉越しが良いから」と積極的に食べている人もいるでしょう。

確かにソーメンや冷たいそば、うどんは手軽にたくさん食べられて、エネルギー源になるので夏向きです。

しかし、これらは全て炭水化物で、摂取し過ぎると脂肪をどんどん蓄積する特徴があります。

さらに早食いすれば脂肪の合成が進み、肥満体型は約束されたようなもの。




また、夏の代表的な果物・スイカも、みずみずしくて食べやすいという理由でたくさん食べると、「果糖」の吸収が良いため、素早く脂肪に変化してしまい、太りやすくなります。

暑い時期はくれぐれも「炭水化物」と「果糖」の摂り過ぎに要注意です。

日中の気温が30℃前後という日が続き、冷たい飲み物が欲しくなりますが、摂り過ぎると、血管が縮まって血流が悪くなり、特に内臓脂肪の代謝が低下しやすくなります。

お腹が冷えると胃袋の周りに脂肪がつきやすくなり、気付くとお腹ぽっこり体型に!

これが俗に言う「コールドドリンク症候群」で、低体温を招く原因にもなります。

また、エアコンが効いた室内で過ごす時間が長いと、体の芯まで冷えてしまいます。

飲食は極力温かいもの、もしくは常温で摂るように心がけましょう。

数ヵ月後にお腹周りに贅肉がついてしまうことがありますので、体は冷やさないことが大切です。

健康的でスリムな体型を目指すなら、基礎代謝が高い体を維持するには「筋肉」を減らさないようにしましょう。

筋肉は脂質や脂肪を燃やしてエネルギーを消費する場所。

筋肉が多ければ多いほど、基礎代謝量が上がります。

ところが、睡眠不足によっては筋肉量が減るというデータがあります。

暑くてぐっすり眠れないとか、寝苦しくて眠りが浅いと、当然ながら太りやすくなります。

冷房をタイマーにしたり、通気性のよい寝具を使うなど、良質な睡眠が取れるように工夫しましょう。

暑い夜のお風呂はシャワーで済ませてしまいがちですが、シャワーより湯船に浸かる方が、疲労回復をはじめ、効率よく全身を温めることが出来て、ぐっすり眠れるという効果があります。

入浴剤の香りでリラクゼーションを兼ねて一週間に3回を目標にしてみましょう。

意外と知られていない「塩を多く含む」身近な食品

汗をたくさんかいた日は、「塩分を摂りなさい」といわれて育ってきた方は多いと思います。

しかし、私たち日本人の食事には、醤油や味噌などの調味料をはじめとした”塩分を含むもの”が、非常に多いということをご存知ですか?

それに加えて塩を摂っていると、成人女性一日の塩分摂取量の目標値である、7.5gを大きくオーバーしてしまう危険があるので、注意が必要です。

パンは意外に塩が多い!

パンを食べても、”しょっぱさ”はほとんど感じませんが、実は製造の過程で、塩が混ぜられているのです。

その量、6枚切りの食パン1切れで約0.8g、ロールパン2個で約0.8gだといいます。

そこに、塩分を含むバターをつけて食べるとすると、塩分摂取量はさらにアップ。

パンの味付けには、塩不使用のジャムを使うなど、工夫をしましょう。

チーズの中で塩が多いのはナチュラルチーズ

味付けをしたり、有害菌の繁殖を抑えて正常に発酵熟成させたりするために、ナチュラルチーズの製造過程では塩が加えられています。

パスタにかけると美味しいパルメザンチーズには、大さじ1杯あたり約0.2gの塩が含まれています。

続いて、ゴーダチーズやブルーチーズも比較的塩分量が多い方に分類されます。

クリームチーズやカッテージチーズは塩分量が少ないので、チーズを選ぶときの参考にしてみてください。

ドレッシングは塩分多めのものも

カロリーが低く、ダイエットの味方になってくれるノンオイルドレッシングには、塩分や糖分が多めに入っているものもあります。

それに比べて、サウザンアイランドやフレンチドレッシングの塩分量は、大さじ1杯あたり約0.4g。

塩分が気になる方は、洋風ドレッシングを選ぶことをオススメします。

コンソメの素で塩分摂り過ぎ注意!

野菜スープや、オムライスを作るときに活躍してくれるコンソメの素も、顆粒小さじ2杯あたり約2.5g、固形1個あたり約2.5gと、意外と塩分が多めです。

野菜スープはヘルシーだからといって、スープを全て飲み干すのは控えたほうが良さそうですね。

塩分を摂りすぎると、生活習慣病の原因になるだけではなく、女性の大敵”むくみ”を引き起こしやすくなります。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。