マネタリーベース(資金供給量)の3月末残高は219.9兆円と過去最高を更新

日本銀行
日銀が発表した市場への資金供給量を示すマネタリーベースは、3月末時点での残高が219兆8855億円と、2月末より15兆1000億円ほど増加しました。

2ヶ月か月連続で、前の月の残高を上回って、過去最大を更新しています。




1月末は年末の資金需要の高まりの反動で、昨年4月の異次元緩和導入後では初めて前月比で減少していました。

月中平均残高でみますと3月のマネタリーベースは前年比54.8%増の208兆5929億円と13ヶ月連続で過去最高を更新。

金融機関の手元資金を示す当座預金が前年比2.5倍の117兆8882億円と過去最高となりました。

準備預金は同2.5倍の106兆7914億円、貨幣は同1.1%増の4兆5870億円でした。

紙幣は前年比4.0%増の86兆1177億円と2005年5月以来の伸びとなりました。

日銀は、去年4月から物価上昇率2%の政策目標を達成するために、長期国債を中心とした巨額の資産買い入れでマネタリーベースを年間60~70兆円増やし、2014年末270兆円の残高を目指しています。

マネタリーベースは、世の中に出回る紙幣や硬貨などのお金と金融機関が日銀に預ける当座預金残高の合計です。


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。