平成24年分 民間給与平均408万円、2年連続マイナス

給与
民間企業に勤める人に昨年1年間に支給された給与の平均は約408万円で、前年を1万円(0.2%)下回ったことが9月27日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かりました。




東日本大震災などの影響で下落した前年に続いて2年連続のマイナスとなりました。

調査は非正規労働者を含む約29万人の給与から推計しました。

今回初めて正規と非正規を分けて調べたところ、会社員などの正規労働者の平均給与が468万円、パートや派遣社員などの非正規労働者が168万円で、約2.8倍の差があることが分かりました。

1年を通じて勤務した人の給与の総額は185兆8508億円で、8951億円(0.5%)減。

源泉徴収された所得税の総額は7兆2977億円で、2552億円(3.4%)減りました。

平成24年分民間給与実態統計調査結果における業種別の平均給与

平均給与を業種別にみますと、最も高いのは電気・ガス・熱供給・水道業の718万円、次いで金融業,保険業の610万円となっており、最も低いのは宿泊業,飲食サービス業の235万円となりました。

(第6表)業種別の平均給与
区分 平均給与 対前年伸び率
(業種) 千円
建設業 4,308 ▲2.3
製造業 4,724 2.4
卸売業,小売業 3,562 ▲0.5
宿泊業,飲食サービス業 2,348 1.9
金融業,保険業 6,104 5.8
不動産業,物品賃貸業 3,740 ▲3.7
電気・ガス・熱供給・水道業 7,178 0.7
運輸業,郵便業 4,211 1.9
情報通信業 5,720 0.4
医療,福祉 3,780 ▲2.0
学術研究,専門・技術サービス業,教育,学習支援業 4,903 1.8
複合サービス事業 3,904 ▲7.0
サービス業 3,325 3.4
農林水産・鉱業 2,981 5.1
平均 4,080 ▲0.2


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。