あなたの「耳年齢」は何歳ですか?ヒアリングテスト動画2パターン

耳年齢
自分の「耳年齢」がわかる動画テストを2種類紹介します。

ヘッドフォンをかけビデオを再生したら、高画質にしないと、すべての周波数を聴きとれないかもしれませんので、すぐに右下の設定ボタンをクリックして画質を1080pに変更しましょう。1080pを選択すると、赤く「HD」と表示されます。




「全年齢が対象の8000Hz、次に1万2000Hz(50歳以下)、1万5000Hz(40歳以下)、1万6000Hz(30歳以下)、1万8000Hz(24歳以下)となっていますので、どこまで聞こえるか試してください。自分の耳年齢が分かりますよ。

お年寄りが大声で会話する様子を見かけたことはありませんか?

年齢とともにまず衰えを感じるのが聴覚です。

「AsapScience」がビデオで説明しているところによると、内耳の奥にある蝸牛には有毛細胞があり、年を取るにつれて、この部分がダメージを受けてしまうのだそうです。(蝸牛では、入口周辺にある有毛細胞が20,000Hz位の高い周波数の分析を担当し、奥に向かうにつれて低い周波数を担当しているが、入口に近い有毛細胞ほどあらゆる音にさらされるため、長い期間がたつにつれて損傷が進むとされています。)

この損傷は治りませんので若い時に大音量で音楽を聴いていると、いずれ後悔することになりますよ。

聴力低下を招く原因は他にもあります。

耳の感染症や骨の異常発達、鼓膜の破裂などです。

しかし、日常生活で耳にする大きな音もまた、悪影響を及ぼす可能性があります。

ドライヤーの音は85デシベルもあり、後遺症をもたらすほどのダメージを耳に与えかねない大きさだということをご存じだったでしょうか。

次の動画も聴覚テストです。

自動車の速度メーターの数字に意味はなく、Hz数とメーター上の文字がテスト結果になります。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。