ミッドライフクライシス。キャリア女性は「仕事だけ」に、主婦は「キャリアのなさ」に悩む

人生の転機
人生の残り時間を意識し始める30代後半。

「今までの自分の生き方や価値観では、ここから先は通用しない・・・」

そんな心の危機的状況に陥ることをミッドライフクライシスと言います。

ミッドライフクライシスは、男性にも女性にも起こるものですが、男性に比べ、女性のミッドライフクライシスは、とても複雑です。




多くの女性は、20代前半には『どんな人生を送るのが自分らしいか』を選択しています。

つまり、キャリアを積むことに重きを置く人生か、家庭に重きを置く人生かを選ぶのです。

もちろん、仕事をしながら家庭を築き、子育てをする女性もいますが、その場合も、『仕事をしている自分の方が自分らしい』という人と、『家庭にいる自分の方が自分らしい』という人がいて、それがその人にとってのアイデンティティを作り上げています。

20代で「キャリアに重きを置く人生」を選んだ人も、「家庭作りに重きを置く人生」を選んだ人も、その多くが中年期に「これでよかったのだろうか」と自問自答するのだそうです。

一般的に女性は、『関係性』を大切にします。

恋愛や結婚、出産や子育てといった、他人と深く関わることを男性よりも重視するのです。

そのため、キャリアに重きを置く人生を選んだ女性の多くは、仕事の面で一人前になったと実感したら、今度は結婚や出産などにとりかかります。

しかし、それがうまく達成できなかった場合、30代後半くらいから、『仕事だけの人生でよかったのだろうか』と感じてしまうのです。

ここが男性と大きく違うところですね。

男性の場合、若い頃に描いたビジョン通りにいかず、頭打ち感を感じたとしても、仕事面で『でもまあ、自分の人生、これはこれでよかった』と折り合いがつけば、ミッドライフクライシスは収まります。

しかし、女性の場合、関係性を重視するため、仕事など、個人としての目標達成だけでは自分らしくないと思う傾向にあります。

そのため、仕事とプライベートの両面でミッドライフクライシスを乗り越えなければならないのです。

40歳が近づくと、特に女性は「出産のリミット」に直面します。

子供を持つラストチャンスに賭け、実現することもありますが、「子供を持たない人生」を受け入れることになる人もいるでしょう。

そうしたことから、「キャリアだけの人生でよかったのだろうか」という思いにとらわれるようになる女性も少なくありません。

人生は選択の連続です。

しかし、自分の意志で積み重ねてきたはずの選択が間違っていたのではと感じた時、人は自分の根っこが揺らぐような感覚を味わいます。

それがミッドライフクライシスなのです。

「根っこが揺らぐ」経験をする可能性は、専業主婦といった、家庭に重きを置く人生を選んだ人にもあります。

子育て中心の生活をしてきた女性の場合、子どもがある程度育った時がミッドライフクライシスになりやすい時。

子どもがちゃんと育ち、幸せそのものの家庭を築いている女性でも、『自分の人生はこれで良かったのだろうか』と悩む人は少なくありません。

30代半ばを過ぎたあたりから、『これが自分だと言えるキャリアを持ちたい』と切実に悩むようになるのです。

男女雇用機会均等法やジェンダー教育などによって、女性もキャリアを積みやすくなり、仕事を持つ女性が増えました。

また、仕事と子育てを両立している女性も少なくありません。

そのため、今は「仕事」や「キャリア」を持っていない女性が、欠落感を刺激されやすいのです。

では、仕事も家庭も両方手に入れた女性なら、ミッドライフクライシスにはならないのでしょうか。

いえ、そうとも限りません。

働きながら子育てした女性の場合、『子どもとの時間を十分に取れなかった』という罪悪感を抱きがちです。

また、身体の衰えや病気で残り時間を意識したり、仕事で『ここまでしか達成できなかった』と感じる方も多いでしょう。

そうしたことから、『これでよかったのだろうか』とそれまでの生き方や価値観が揺らぐことがあるのです。

また、子どもを持ったからこその問題も、中年期に表れやすいようです。

子どもが小さい時は楽しいことの方が多いものですが、思春期以降は親が余程しっかりしていないと、『勉強ができて欲しい』『こんな職業に就いて欲しい』といった親の価値観を押し付けがちになります。

親の『こうあるべき』という思いがあまりに強い場合、子どもはうまく親離れや自立ができません。

すると、無意識に反社会的な行動をして、親の顔に泥を塗ることで自立しようとします。

中年期は自分自身の葛藤だけでなく、子どもとの関係でも葛藤が生じやすいのです。

どんな道を選んだ女性にも、ミッドライフクライシスはやってきます。

言い換えると、どんな道を選んでも悩むのなら、どんな道も間違いではないとも言えます。

そして、そうした葛藤は決してマイナスではないようです。

女性の場合、母や妻、仕事人など、さまざまな役割を担い、しかもどの役割にも主体的に、そして積極的に関わらなければなりません。

葛藤や危機に直面する中で、女性たちは必然的に危機対応能力を養っているとも言えるでしょう。

いろいろな顔を持つことは、ストレスという否定的な影響だけではなく、アイデンティティの発達を促進させてくれる可能性が高いのです。

選ばなかった人生を悔やむのではなく、とことん自分と向き合う。

そうして、折り合いを付けていくことこそが大切なのかもしれません。

ゴーギャン・コンプレックス

ちょうど思春期に感情が揺れ動くように、人生に対して言いようのない不安や焦燥感が訪れます。

19世紀の後期印象派のゴーギャンは、その象徴のような存在です。

中年になって「人生をやり直したい」とか「すべてを捨てたい」などと悩むことを『ゴーギャン・コンプレックス』と呼ぶことがあります。

ゴーギャンは証券会社のサラリーマンだったのですが、株の大暴落を経験して、安定した生活などないということに気づき、それまで趣味だった絵画を仕事にすると決意。30代半ばで会社を辞めて画家に転職します。

その後、ゴッホと共同生活をしたりして、43歳のときには妻子(子供は5人)を捨てて、楽園を求めタヒチに旅立ちます。

タヒチで待っていたのは苦しい生活でした。

失望を感じ、再びフランスに戻りますが、妻子に受け入れてもらえず、再びタヒチへ。

タヒチで貧しい暮らしと病気に悩まされ、その中で「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」という、傑作を描きあげます。

しかし、まだ画家として評価はされていないので、自殺未遂を起こし、その数年後死去しています。

結局生きている間、人生後半は苦しいことばかりの人生でした。

画家としての地位と名声を手に入れたのは、ゴーギャンが亡くなってからのことです。

年齢と共にしがらみも増えてきます。

しがらみがなくなり、自分の追い求めるものだけを求めたとき、果たして人は幸せなのでしょうか?

「誰かの為に生きている」「誰かのおかげで生きている」

この実感が大切な気がします。

人生には転機と思える時期が訪れます。

10代・20代が人生の転機に考えること

・将来が不安

・自分に自信がない

・人間関係に悩みがある

・目標や夢が持てない

・やる気がでない

・集中力がない

・忍耐力がない

・生きる意味を見いだせない

・親の世話になっていて自立できない

・就職できない

・仕事を辞めたいと思うことがある

・一生このままだと思うと不安になる

30代・40代が人生の転機に考えること

・今後の仕事の目標 ・職場の人間関係問題

・仕事に必要なスキルアップ

・職場でのストレス対策

・健康管理(食生活、睡眠、休養、飲酒、喫煙)

・家族の健康と心

・夫婦の問題

・子どもの将来設計

・マイホーム計画

・老後の人生設計

・余暇の充実

・両親、嫁姑問題

・老後の世話と介護

・両親の死後の問題

・交友関係

・近所、親戚の人間関係

・趣味の充実

・年金、各種保険

・貯蓄、積み立て計画

・お金の使い方

・老後の資金計画

・財産、資産の把握

50代・60代が人生の転機に考えること

・健康管理に興味がある

・老後を充実させたい

・もっと充実した人生を送りたい

・引退後もスキルを身につけて人のために役立つことをしたい

・熟年離婚の危機にある

・最近夫婦で会話が減っている

・子供の現在、将来が心配だ

・子供が自分を尊敬していない

・家庭にいても落ち着かない


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。